遠軽町

  • 文字サイズ

くらし・手続き交通事故被害者の方への援護制度について

ナスバによる 交通事故被害者の方への援護制度について

 ナスバ(NASVA:独立行政法人自動車事故対策機構)は自動車事故を未然に防ぎ、自動車事故の危険から守り、自動車事故の被害者支援を行う、車社会を支える機構です。
 このうち、ナスバが行う被害者支援制度の一部をお知らせします。

●対象者

 自動車(バイクを含む)の事故で脳や脊髄または胸腹部臓器に損傷を受け、常時または随時の介護を必要とする方で、一定の要件に該当する方。事故の自損、他損、時期は問いません。

●支給額

 月額36,500円〜211,530円の範囲

●注意

 介護保険サービス、労災の介護給付との併用はできません。
ただし、自立支援法に基づくサービスを受けられている場合や入院している場合でも対象になることがありますので、お問い合わせください。

在宅介護への支援(介護料の支給)

●対象者

 自動車(バイクを含む)の事故により死亡または重度後遺障害(脳、脊髄の損傷)を負われた方の義務教育終了までの子弟(0歳〜中学校卒業)に資金を貸し付けします。

●申込者

 対象者を扶養している保護者(生活困窮世帯)

●貸付金額(一人につき)
  • 一時金155,000円
  • 月額10,000円または20,000円
  • 小中学校入学時に入学支度金44,000円
●利子

 無利子

●返還方法

 貸付期間終了後6か月または1年経過後、月賦または月賦と半年賦の併用により原則20年以内の均等払い。
 ただし、高校、大学その他各種学校への進学者は、卒業までの間、返還を猶予できます。

交通遺児友の会

●対象者

 交通遺児育成資金貸付の対象者及び貸付を終了した19歳までの方とそのご家族。(公財)交通遺児育成基金事業に加入されている方とそのご家族。

●活動内容
  • 旅行会や交流会、レクリエーションの開催
  • 絵画、書道、写真のコンテスト開催
  • 年4回の会報の配布
●費用等

 無料

支援制度の詳細や、ナスバについてはホームページをご覧ください。

このページのお問い合わせ
独立行政法人自動車事故対策機構 札幌主管支所
電話 011-218-8155
住民生活課 電話 0158ー42ー4812

くらし・手続き