遠軽町

  • 文字サイズ

健康・福祉子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)のお知らせ

 HPVワクチンは、平成22年度からワクチン接種の助成が始まり、平成25年度には定期予防接種となりましたが、HPVワクチン接種後に、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛みなどがみられたことにより、平成25年6月14日から積極的な接種勧奨を差し控える方針となっています。
 積極的な勧奨の差し控えは現在も続いていますが、定期接種対象の方は、無料で接種を受けることはできます。接種については、以下の資料を参照してください。

対象者

小学校6年生から高校1年生相当(16歳になる年度末)の女性

接種費用

無料(接種日が対象年齢を超えた場合は自費となります)

接種場所

JA北海道厚生連遠軽厚生病院(産婦人科)、白滝診療所

ワクチンの種類

 HPVワクチン(ヒトパピローマウイルスワクチン)は2種類あります。町内での接種の場合は、ガーダシル(4価ワクチン)の接種となります。

HPVワクチンの種類
参考:厚生労働省ホームページ
受け方

接種を希望される方は、以下の問合せ先に申し込みをします。
案内と予診票をお送りします。
病院に連絡して接種日程を予約します(1回目から3回目まで)。
当日は、母子手帳を持参し予防接種を受けてください。

このページの問合せ先
遠軽町民生部保健福祉課保健予防担当(保健福祉総合センターげんき21内)
電話:0158-42-4813

健康・福祉