遠軽町

  • 文字サイズ

まちの話題「中学生の甲子園」出場へ~南中学校・丸瀬布中学校合同チームが全道優勝

優勝を勝ち取った選手たち

 7月16日から19日まで、千歳市近郊で行われていた第39回全日本少年軟式野球大会北海道大会で、南中学校・丸瀬布中学校の合同チームが、全道優勝を果たしました。
 同大会は、全道各地の支部予選を勝ち上がった28チームのトーナメントで行われ、同チームは中標津や富良野支部などのチームを下して決勝へ進出。当初18日に行われる予定だった決勝戦は雨のために順延して19日に開催され、北空知支部の赤平・石山・芦別中学校合同チームと対戦しました。
 決勝戦は、お互いのピッチャーの好投により0対0で最終回まで進み、7回裏の遠軽の攻撃では、ヒットや敬遠などで2アウト満塁となり、齊藤俐来選手がライトオーバーのヒットを放って、0対1のサヨナラで勝利を収めました。
 試合を終え主将の岩元一桜選手は「先輩から受け継いだ『誰からも応援されるチームになる』というチーム目標を体現できた結果です!」と笑顔で話していました。
 なお、同チームは8月21日から「中学生の甲子園」と称される全日本少年軟式野球大会に出場します。

 

このページの問合せ先
遠軽町総務部企画課広報広聴担当
電話:0158-42-4818、FAX:0158-42-3688