遠軽町

  • 文字サイズ

まちの話題奨学資金やバストス市との交流のために〜株式会社渡辺組が町に寄附

写真左から、清澤満校長、渡辺勇喜代表取締役社長、佐々木修一遠軽町長

 3月31日、株式会社渡辺組(渡辺勇喜代表取締役)が町に寄附をしました。
 この寄附は、同社が社会貢献活動の一環として昭和48年から行っているもので、この日は、渡辺社長が佐々木修一遠軽町長を訪れ「ここまで継続して取り組んでこれたのは地域の皆様のおかげだと思っています。地域への恩返しとして、さまざまな活動にご活用いただければと思います」と、奨学資金貸付資金として300万円、バストス市交流資金100万円、学校給食食材購入資金200万円の寄附金を手渡しました。
 佐々木町長は「心から感謝申し上げます。いただいた寄附により、子どもたちが学校に通い、学ぶことができているので、大変ありがたく思います」とお礼の言葉を述べていました。
 また、北海道家庭学校にも100万円の寄附が行われ、清澤満校長に寄附金が手渡されました。

このページの問合せ先
遠軽町総務部企画課広報広聴担当
電話:0158-42-4818、FAX:0158-42-3688