遠軽町

  • 文字サイズ

まちの話題全国から53品の応募~第17回じゃがリンピック審査会

力作ぞろいの料理

 2月18日、白滝ふれあいセンターで、白滝じゃが生産部会じゃがリンズ(大久保真由美代表)による第17回じゃがリンピック審査会と第2回SNS#じゃがリンピックコンテストの抽選会が行われました。
 「じゃがリンピック」は、白滝地域の主要作物のひとつである「じゃがいも」を使った料理を募集してレシピ化し、たくさんの人に知ってもらうことで町おこしにつなげようと開催しているもので、例年は出品者がじゃがリンピック当日に料理を持ち寄り行っていますが、昨年に続き新型コロナに配慮して、書類選考による審査となり、全国から過去最多の53品の応募がありました。
 この日は、書類審査で選ばれた10品をじゃがリンズメンバーが調理し「おいしい」「簡単」「作ってみたい」オリジナルじゃがいも料理の審査基準で、じゃがリンズのメンバーと関係者に町民審査員が新たに加わった9人の審査員による審査が行われました。
 なお、力作ぞろいの料理で審査員を悩ませた審査結果は、じゃがリンズのホームページに掲載されています。

 

このページの問合せ先
遠軽町総務部企画課広報広聴担当
電話:0158-42-4818、FAX:0158-42-3688