遠軽町

  • 文字サイズ

まちの話題防災の知識を深める〜安国小学校で1日防災学校

防災ベッドを体験する児童たち

 10月22日、安国小学校(保科浩則校長)で1日防災学校が行われました。
 これは、児童などが安全に関する資質・能力を育み、学校安全体制の構築や防災意識の向上を図ることを目的に、網走地方気象台、遠軽地区広域組合、遠軽町の協力により行われたものです。
 この日は、学年ごとに防災に関する授業と避難訓練が行われ、5・6年生の「避難所設営体験」では、遠軽町総務部危機対策室の坂田大輔係長から、災害の危険性のほか、避難所の確認や備蓄品の準備など、日頃からの備えが必要であると説明を受け、その後、実際に防災ベッドを自分たちで組み立てて利用してみるなど、防災に関する知識を深めていました。

  • 震度体験をする児童たち

  • 津波発生の仕組みを学習する児童たち

  • ペットボトルで竜巻の仕組みを学習する児童たち

このページの問合せ先
遠軽町総務部企画課広報広聴担当
電話:0158-42-4818、FAX:0158-42-3688