遠軽町

  • 文字サイズ

まちの話題224本を丁寧に植樹〜「1964東京オリンピックゆかりの展示林」記念植樹

記念植樹をする参加者たち

 10月15日、北海道家庭学校の敷地内で「1964東京オリンピックゆかりの展示林」の記念植樹が行われました。
 これは、2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会の終了に合わせて、オリンピックゆかりの樹木の種子から育てた苗の植樹を行い、緑の循環に取り組むことを目的として行われたものです。
 この日は、1964東京オリンピック遠軽町展示林活用検討会議(座長・佐々木修一遠軽町長)のメンバーなどが集まり、パインとトーヒの苗を合わせて224本を丁寧に植樹していました。
 佐々木座長は「ゆかりの展示林は、オリンピックの開会式で登場したオリンピックリングスや日本オリンピックミュージアムでも活用されました。この活動を続け、何年後になるかわかりませんが、次回の日本で開催されるオリンピックに活用してもらいたいです」と話していました。

YouTube(ユーチューブ)遠軽町【公式チャンネル】

※画面をクリックすると、動画がご覧になれます

 

このページの問合せ先
遠軽町総務部企画課広報広聴担当
電話:0158-42-4818、FAX:0158-42-3688