遠軽町

  • 文字サイズ

まちの話題うなぎが柔らかくておいしい〜人気うなぎ料理店から遠軽共立病院へインスタントミニうな丼を寄附

「うなぎ元気玉」を手にする職員の皆さん

「うなぎ元気玉」を手にする職員の皆さん

 茨城県笠間市の人気うなぎ料理店「量深(りょうしん)」から遠軽共立病院に、50食分のインスタントミニうな丼「うなぎ元気玉」が寄附されました。
 これは、量深の店主である馬場万作さんが、医療従事者支援を目的としてクラウドファンディングで商品販売を行い、その売上金の一部を活用して医療従事者へ商品を届ける「うなぎ元気玉プロジェクト」で、このたび遠軽町の友好都市である笠間市から打診があり、寄附されたものです。
 この「うなぎ元気玉」は、7月15日に病院職員の昼食として提供され、職員たちは「うなぎが柔らかくておいしい」「こんなおいしいものをいただいてありがたい」などと笑顔を見せていました。

 

このページの問合せ先
遠軽町総務部企画課広報広聴担当
電話:0158-42-4818、FAX:0158-42-3688