遠軽町

  • 文字サイズ

まちの話題雑巾で新型コロナウイルス対策を〜生協パッチワークサークルが小学校に雑巾寄贈

雑巾を寄贈する様子

雑巾を寄贈する様子

 2月15日、コープさっぽろ組合員でつくる生協パッチワークサークル(佐藤ハナ子代表)が、南小学校(畠山治夫校長)に手縫いの雑巾を寄贈しました。
 これは、同サークルが地域貢献活動の一環として平成20年からボランティアで行っているもので、遠軽町社会福祉協議会が収集している古布の一部を譲り受け、会員10人が分担して縫った雑巾を年2回、町内の小学校に寄贈しており、これまでに寄贈した雑巾は今回で通算5,550枚以上にもなります。
 この日は、会員が同校を訪れ、300枚の雑巾を畠山校長に手渡しました。
 畠山校長は「心から感謝申し上げます。新型コロナウイルスの影響で例年よりも雑巾を使用しているので、非常に助かります」と話していました。

このページの問合せ先
遠軽町総務部企画課広報広聴担当
電話:0158-42-4818、FAX:0158-42-3688