遠軽町

  • 文字サイズ

まちの話題万が一の事故に備えて~子どもの応急手当法

AEDの使用法を体験する参加者

 11月11日、保健福祉総合センター・げんき21で、子どもの応急手当法講習会が開催されました。
 これは、乳児を持つ保護者の方々に、突然のけがや病気に対する正しい対処法について学んでもらおうと、遠軽地区広域組合消防署の協力を得て、コロナ感染予防のため2回に分けて実施されたものです。
 この日、午前10時から行われた1回目には、5組の親子が参加し、乳幼児における死亡原因や溺水・やけどの対応などの説明を受けた後、人形を用いて胸骨圧迫とAED(自動体外式除細動器)を使用した心肺蘇生や、異物を飲み込んでしまったときに必要とする気道異物除去の実技体験を行いました。
 参加した鈴木唯真ちゃん(1歳2か月)の母鈴乃さんは「げがの対処法を学ぶことができました。AEDの使い方など貴重な経験ができてよかったです」と話していました。

 

このページの問合せ先
遠軽町総務部企画課広報広聴担当
電話:0158-42-4818、FAX:0158-42-3688