遠軽町

  • 文字サイズ

まちの話題大切に育ててきたひまわりの種を〜ひまわりの種の贈呈式

ひまわりの種を渡す園児たち

ひまわりの種を渡す園児たち


 10月28日、遠軽町役場前広場で認定こども園こころ(堀敬暁園長)の園児が、ひまわりの種の贈呈式を行いました。
 これは、ひまわりの絆プロジェクトの一環で、平成23年に京都府の交通事故で亡くなった4歳の男の子が、生前大切に育てていたひまわりの種を多くの場所で開花させ、男の子が生きていた証を残したいと願う両親の思いと、命の大切さや交通事故防止を呼び掛けていくことを目的に行われているものです。
 この日は、同園児43人が贈呈式に参加し、子どもたちが、毎日、水やりや草取りをして大切に育ててきたひまわりから採れた種の一部を平間敏春遠軽町民生部長へ手渡しました。
 ひまわりの種を渡された、平間部長は「今まで大切に育てていただきありがとうございました。皆さんの気持ちが込められた種を、多くの人たちに伝えていくために、来年は、町の施設に植えたいと思います」と話していました。

このページの問合せ先
遠軽町総務部企画課広報広聴担当
電話:0158-42-4818、FAX:0158-42-3688