遠軽町

  • 文字サイズ

まちの話題地域に貢献できるように~株式会社工営エナジーが寄附

佐々木修一遠軽町長に目録を手渡す大内実代表取締役(写真右)

 9月3日、白滝発電所で小水力発電事業を行っている株式会社工営エナジー(大内実代表取締役社長)が町に寄附をしました。
 白滝発電所は、平成23年の洪水被害を受け運転を停止していましたが、発電を再開してほしいという地元の強い意向を受け、町は発電所を廃止して民間企業へ譲渡。平成28年7月からは同社が発電を再開し、発電した電力は全量が売電され、さらに収益の一部を同社から寄附いただいているものです。
 この日、佐々木修一遠軽町長に目録を手渡した大内社長は「今年は順調に発電することができ、昨年度の発電量を上回ることができました。今後も地域に貢献できるように尽力していきたいです」と話していました。

このページの問合せ先
遠軽町総務部企画課広報広聴担当
電話:0158-42-4818、FAX:0158-42-3688