遠軽町

  • 文字サイズ

まちの話題生田原川に8,000匹〜生田原フィッシングクラブが2回目のヤマベ稚魚を放流

ヤマベの若年魚を放流する生田原フィッシングクラブの皆さん

 7月18日、生田原川で生田原フィッシングクラブ(由利敏之会長)によるヤマベ稚魚放流が行われました。
 6月に続き2回目となる今回の放流は、1回目の放流魚より成長の進んだ若年魚で、若年魚は産卵時やふ化後の個体の捕食を避け、川資源の再生維持が期待できるもので、同クラブ会員15人で生田原河畔公園、平栗橋下、生田原川平和せきの3か所に放流場所を分けて、約8,000匹を放流しました。
 由利会長は「今年は、7月の遊漁解禁後に実施している小学生を対象とした釣り体験教室の開催を見合わせたところですが、初心者でも安全に楽しく釣りを体験できるよう今後も川資源の維持に努めていきます」と、話していました。

 

このページの問合せ先
遠軽町総務部企画課広報広聴担当
電話:0158-42-4818、FAX:0158-42-3688