遠軽町

  • 文字サイズ

まちの話題青春時代をともにしたSLに思いをはせる~国鉄・JRのOB会が蒸気機関車を清掃

SLの汚れを落とし、丁寧に磨き上げる高橋会長

 6月27日、国鉄とJRの退職者でつくるJR北海道労組旭川地本・遠軽支部OB会(高橋登美男会長)が、瞰望岩下の公設グラウンドに保存されているD51型蒸気機関車(SL)の清掃を行いました。
 これは、同会が毎年5月と9月に行っている恒例の清掃活動で、今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響により延期していました。
 この日は、遠軽機関区で勤務した70代から90代までの15人が集まり、冬の間についた車両の汚れを油のしみ込んだ布で丁寧に拭き、漆黒の輝きに磨き上げました。
 高橋会長は「集まった人はみんな、青春時代になにかしらの形でSLに関わっていました。約47年間行っているこの活動を今後も続けていきたいです」と、笑顔で話していました。
 隣に保存されているラッセル車(雪かき車)の掃除は、雨のため延期されました。

青春時代を思い出し、当時のあいさつをするOB会の皆さん

このページの問合せ先
遠軽町総務部企画課広報広聴担当
電話:0158-42-4818、FAX:0158-42-3688