遠軽町

  • 文字サイズ

まちの話題定時制がいろいろな方々に知れ渡って〜遠軽町スポーツ協会ロゴマーク決定に係る表彰式

表彰を受けた児玉優璃さん(左)と福田麻菜美さん(中央)と佐渡淳道会長(右)

 7月21日、遠軽高校(尾形友秀校長)で遠軽町スポーツ協会(佐渡淳道会長)のロゴマーク決定に係る表彰式が行われました。
 これは、同協会が今年で創立70周年を迎え、これを記念してロゴマークを作成しようと町民を対象に募集し、たくさんの応募の中から同校定時制課程3年生の福田麻菜美さんと2年生の児玉優璃さんが考えたロゴマークが選ばれ、表彰を行ったものです。
 見事選ばれたロゴマークは、定時制の生徒たちで「スポーツでつなぐえんとエン」というスローガンを決め、遠軽町の「遠」や人との「縁」などさまざまな「えん」の意味が含まれており、スポーツの「S」をイメージした形となっています。また、カラーにもピンクはコスモス、オレンジは太陽の丘など、すべて遠軽町に関する意味が込められています。
 表彰を受けた児玉さんは「最初は定時制の生徒みんなで案を出し合って作られたものなのでとてもうれしいです。これで定時制がいろいろな方々に知れ渡ってくれたらうれしいです」と話していました。

選ばれたロゴマーク

このページの問合せ先
遠軽町総務部企画課広報広聴担当
電話:0158-42-4818、FAX:0158-42-3688