遠軽町

  • 文字サイズ

まちの話題会場全体が盛り上がり〜さっぽろ人形浄瑠璃芝居あしり座による公演

あしり座オリジナル演目である「祝い唄」

 6月11日、遠軽町芸術文化交流プラザでさっぽろ人形浄瑠璃芝居あしり座による公演が行われました。
 あしり座は、北海道では唯一の人形浄瑠璃の公演を行う一座として道内各地で依頼公演や全国各地のフェスティバルなどで活動しており、今回同プラザの自主事業として行われました。
 この日は、「二人三番叟」、「祝い唄」、「伊達娘恋緋鹿子〜火の見櫓の段〜」の3本立てで公演が行われ、2つ目の演目で披露された、あしり座オリジナル演目である「祝い唄」では、あしりの神が酒を飲み、遠軽町でのさまざまな出来事を祝ったあと、祝い唄をお客さんとともに「どっこいしょ〜!」などと掛け声を出しながら会場全体が盛り上がりを見せていました。

このページの問合せ先
遠軽町総務部企画課広報広聴担当
電話:0158-42-4818、FAX:0158-42-3688