遠軽町

  • 文字サイズ

まちの話題頭と身体で学ぶ~高齢者大学三校合同学習会

講義を行う日本赤十字北海道看護大学の山本憲志教授

 6月2日、遠軽町芸術文化交流プラザで、高齢者大学三校合同学習会が行われました。
 今回の学習会には、日本赤十字北海道看護大学の山本憲志教授を講師に迎え「フレイル・サルコペニア予防のための身体運動」をテーマに約1時間30分の講義が行われました。
 講義では、加齢により心身が老い衰えた状態である「フレイル」と加齢による筋肉量の減少や筋力の低下を指す「サルコペニア」について解説や予防方法などが紹介されました。
 学生たちは、時折笑いを交えた教授の講義受けながら、簡単な筋力トレーニングも行い、頭と身体で「フレイル」と「サルコペニア」について学んでいました。
 講義を終え、学生たちは「日常の運動の大切さを知ることができました」「筋肉のための運動をしてみようと思いました」などと話していました。

筋力トレーニングを行う学生たち

このページの問合せ先
遠軽町総務部企画課広報広聴担当
電話:0158-42-4818、FAX:0158-42-3688