遠軽町

  • 文字サイズ

まちの話題新規就農を目指して~杉山大輔さんと東郷理さんが町長を表敬訪問

写真左から、東郷理さん、杉山大輔さん、佐々木修一遠軽町長、児玉富雄さん

 4月16日、白滝地域で新規就農研修中の杉山大輔さんと東郷理さんが、佐々木修一遠軽町長を表敬訪問しました。
 昨年、大学時代からの友人で農業未経験者の2人は、新規就農の夢を抱き、それぞれの家族と共に大阪から遠軽町に移住しました。遠軽町農業担い手対策協議会は、彼らを受け入れるため、白滝地域の既存農家に相談。6件の農家が「白滝サポートチーム」を立ち上げ、1年間農業実習を行い、今年4月から第三者継承に向け、児玉農場で研修を行っています。
 この日、佐々木遠軽町長の元を訪れた2人は、これまでの実習の成果を報告しました。
 佐々木町長は「白滝地域には新規就農で頑張っている先輩もいます。自分たちの方法を見付けながら頑張ってほしいです」と、歓迎の言葉を述べていました。
 杉山さん、東郷さんは「知識が無い自分たちが農業で自立するために、町の人が本当に真剣に考えてくれています。しっかり自立して恩返しをしていきたいです」と、感謝の気持ちと今後の思いを述べていました。

 

このページの問合せ先
遠軽町総務部企画課広報広聴担当
電話:0158-42-4818