遠軽町

  • 文字サイズ

まちの話題自然の中で貴重な体験~生田原小学校1、2年生がカブトムシ幼虫採取

大きい幼虫を採取した児童

 5月9日、生田原小学校(木村伸一校長)の1、2年生がカブトムシの幼虫採取を行いました。
 これは、カブトムシの生態を知るための授業の一環として行われたもので、有限会社橋本建設(橋本政司社長)とNPO法人丸瀬布昆虫同好会(佐藤正美理事長)の協力を得て行われました。
 この日は、昆虫同好会の浅利誠さんを講師に迎え、性別の見分け方などを教わりながら、カブトムシについて学習していました。
 児童たちは、土を掘って現れたたくさんのカブトムシの幼虫に「大きい!」と声をあげながら無我夢中で幼虫採取に取り組んでいました。

このページの問合せ先
遠軽町総務部企画課広報広聴担当
電話:0158-42-4818、FAX:0158-42-3688