遠軽町

  • 文字サイズ

まちの話題雨宮19号が登場~丸瀬布森林公園「いこいの森」開園式

雨宮19号をカメラに収める来園者

 4月29日、丸瀬布森林公園いこいの森で、今季の営業を開始する開園式と丸瀬布郷土史研究会(涌島正成会長)主催による森林鉄道蒸気機関車・雨宮21号出庫式が行われました。
 暖かな陽気となったこの日、式には50人以上の関係者が集まり、約半年ぶりに姿を見せた雨宮号の前で今シーズンの無事故無災害を祈りました。
 その後、記念事業として行われた雨宮号特別運行では、SL本体につけられたナンバープレートを、お馴染みの「21」から、昭和3年の武利意森林鉄道に配車された当時の車両番号「19」に付け替えた「雨宮19号」として、1便限定での復活を遂げました。
 雨宮19号がプラットホームに登場すると、来園者から驚きの声が上がるとともに、普段見ることができない光景をカメラに収めようと、たくさんの人々がシャッターを切っていました。

  • 無事故無災害を祈願

  • 白煙をあげて走る「雨宮21号」

このページの問合せ先
遠軽町総務部企画課広報広聴担当
電話:0158-42-4818、FAX:0158-42-3688