遠軽町

  • 文字サイズ

まちの話題約200人が来場~メトロプラザで初の映画上映会開催

上映された「甲子園 フィールド・オブ・ドリームス」

4月15日、遠軽町芸術文化交流プラザ「メトロプラザ」で、初めて映画上映会が開催されました。
 これは、同プラザを指定管理する遠軽商工会議所(渡邊博行会頭)の自主事業として行われたもので、大ホールの舞台に縦4メートル、横8メートルの映像専用スクリーンを新たに設置して上映されました。
 この日上映されたのは「甲子園 フィールド・オブ・ドリームス」(山崎エマ監督)。コロナ禍になる前まで遠軽町で合宿を行っていた神奈川県の横浜隼人高校野球部と岩手県の花巻東高校野球部の球児と指導者を密着取材したドキュメンタリー作品で遠軽町も撮影地の1つとして登場しました。
 会場には高校生など約200人の方々が来場し、メトロプラザで上映された初の映画に見入っていました。
 上映を終え、同プラザの太田晃正館長は「全国各地で映画館が閉館していますが、映画文化は重要だと思っています。見ている人たちに何かを感じてもらえるようなドキュメンタリー映画など、年に3・4本ぐらい開催していきたいですね」と話していました。

このページの問合せ先
遠軽町総務部企画課広報広聴担当
電話:0158-42-4818、FAX:0158-42-3688