遠軽町

  • 文字サイズ

くらし・手続き住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、令和3年度住民税非課税世帯等に対して1世帯当たり10万円の現金を支給します。受給には手続きが必要ですので、以下をご覧ください。

支給対象者

(1) 住民税非課税世帯 令和3年(2021年)12月10日(基準日)時点で遠軽町に住民登録があり、世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯(生活保護者も対象となります。)。
※基準日以降に遠軽町に転入された方は、基準日に住民登録されていた市町村にお問い合わせください。
(2) 家計急変世帯 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、令和3年(2021年)1月から令和4年(2022年)9月までの間に家計が急変し、世帯全員のそれぞれ1年間の収入見込額または所得見込額が、住民税非課税水準に相当する額以下となる世帯。
  • (1)、(2)のいずれも住民税が課税されている者の扶養親族等のみからなる世帯を除きます。

支給額

1世帯当たり10万円

給付金の支給手続き

(1) 住民税非課税世帯 ・該当世帯の世帯主の方へ、令和4年2月中旬に案内通知を発送します。
・同封の確認書に必要事項を記載し返送してください。
※世帯全員が住民税の申告をしていない場合、確認書が届かないことがあります。該当する可能性のある方は遠軽町総務部企画課へお問い合わせください。
(2) 家計急変世帯 ・申請書、簡易な収入(所得)見込額の申立書に必要事項を記入の上、必要書類を添付いただき、遠軽町総務部企画課へご提出ください。
スケジュール(予定)
確認書の発送 令和4年2月中旬
確認書の受付 令和4年2月中旬~令和4年5月中旬
家計急変世帯等の申請書の受付 令和4年2月中旬~令和4年9月30日
給付金の支払い 令和4年2月下旬から順次振り込み
申請書等(家計急変世帯)のダウンロード
添付書類
  • 「令和3年中の収入の見込額」または「任意の1か月の収入」の状況を確認できる書類の写し
  • 申請者本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(表面)、年金手帳、介護保険証、パスポート等)
  • 申請者の世帯状況を確認できる世帯全員(続柄入り)の住民票の写し
  • 戸籍の附票の写し(※令和3年12月10日以降、2回以上転居した方のみ)
  • 受取口座を確認できる書類の写し(通帳やキャッシュカードなど、受取口座の金融機関名・支店名・口座番号・口座名義人を確認できる部分)

DV(配偶者やその他親族からの暴力)等を理由に避難されている方へ

  • DV等で住民票を動かさずに避難中の方も住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金を受給できる可能性があります。
  • 住民票上の世帯主が既に給付金を受け取っている場合でも、一定の要件(DV保護命令と収入要件)を満たせば、受給することができます。
  • 給付金を受け取る手続きについては、遠軽町総務部企画課にお問い合わせください。

振り込め詐欺や個人情報の詐取にご注意ください!

町や国、内閣府などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることや、給付のために手数料の振込を求めることは、絶対にありません。
少しでも不審な電話や郵便物だと思ったら、下記窓口か警察署、警察相談専用電話(#9110)にご連絡ください。

リンク

問合せ・担当窓口
遠軽町総務部企画課企画担当
電話:0158-42-4818、FAX:0158-42-3688、電子メール:kikaku@engaru.jp

くらし・手続き