遠軽町

  • 文字サイズ

緊急情報【重要】新型コロナウイルスに関するお知らせ

北海道における「緊急事態宣言」及び警戒ステージについて

「緊急事態宣言」が延長されました(令和3年9月13日)

 国は、9月9日に新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の延長を決定しました。これを受け、北海道では新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、人と人との接触機会を徹底的に低減するため、道民等に対する要請を行うとともに、必要な協力について働きかけを実施することとなりました。
 町民の皆さまにおかれましては、ご自身や大切な人、医療提供体制の維持や医療従事者の方々を守るためにも、感染性が高いとされるデルタ株に全国的にほぼ置き換わったと考えられること等を踏まえ、人と人との接触機会を徹底的に低減するなど、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた取組みへのご協力をお願いします。

※期間:令和3年9月13日(月)から9月30日(木)まで

※特定措置区域
 札幌市、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、新篠津村、小樽市、旭川市

※一般措置区域
 特定措置区域以外の市町村(遠軽町含む)

[一般措置区域への要請内容]
~日常生活において~
・感染性が高いとされるデルタ株に全国的にほぼ置き換わったと考えられること等を踏まえ、「三つの密(密閉・密集・密接)」、「感染リスクが高まる「5つの場面※」」等の回避や、「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗いなどの手指消毒」、「換気」をはじめとした基本的な感染防止対策を徹底する
 ※飲酒を伴う懇親会等、大人数や長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、居場所の切り替わり

~特に外出の際は~
・日中も含めた不要不急の外出や移動を控える。特に20時以降の外出を控える。加えて、特に週末の外出を控える
・大規模商業施設など混雑した場所への外出を半減させる
・重症化リスクの高い方※と接する際は、基本的な感染防止対策を更に徹底する
 ※高齢者、基礎疾患のある方、一部の妊娠後期の方
・特定措置区域との不要不急の往来は控える
・不要不急の都道府県間の移動は極力控える

~特に飲食の際は~
・感染防止対策が徹底されていない飲食店等や営業時間短縮に応じていない飲食店等の利用を控える
・飲食店等の利用の際には、飲食店等が実施している感染防止対策に協力する
・路上・公園等における集団での飲酒など、感染リスクが高い行動を控える
・食事は4人以内など少人数、短時間で、深酒をせず、大声を出さず、会話の時はマスクを着用する(「黙食~食事は静かに、会話はマスク~」の実践)

※外出自粛などの行動制限が要請されている地域
 宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、岐阜県、三重県、愛知県、滋賀県、石川県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、香川県、福岡県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県


北海道における警戒ステージについて(令和3年9月21日現在)

現在の北海道における状況は「ステージ4」です。


新型コロナウイルス感染症に係る集団感染事例(クラスター)の発生について

 道によると、8月21日に本町の飲食店で9人、27日には陸上自衛隊遠軽駐屯地で6人、29日に1人が追加となり合計7人、28日には別の飲食店で7人、また、31日には町内の事業所で5人の新型コロナウイルス感染症に係る集団感染事例が確認されたとの発表がありました。さらに1週間の感染者数は、15日の週で13人、22日の週で22人と高い数値が続いており、予断を許さない状況が続いています。
 感染者は、保健所において感染経路の調査や濃厚接触者の特定などが確実に行われており、町としては、国の基本的対処方針、道の緊急事態措置の内容などをもとに、遠軽厚生病院のひっ迫状況などを勘案し、公共施設の休業など感染防止対策に取り組んでいます。
 新型コロナウイルスは、誰もが感染者や感染源になる可能性があります。罹患された方をはじめ、その御家族や職場の同僚のほか、医療に従事されている方々に対し、不当な偏見、差別、いじめなどが決してあってはなりません。
 うわさや憶測に惑わされることなく、国や道が発表する新型コロナウイルス感染症に関連する正確な情報に基づき、医療崩壊を招かないためにも、一人ひとりが慎重に行動し、遠軽厚生病院をはじめとする医療機関等を支えてくださるようお願い申し上げます。
 町としては、感染症まん延の影響により地域経済をはじめ、町民の皆様の生活にも大きな影響を受けていることから、国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金などを活用しながら「アフターコロナ」を見据えた地域経済の回復や感染症拡大防止事業などに取り組むため、9月定例議会においても補正予算を計上しました。
 なお、本町のコロナワクチン接種率は、8月29日現在、全人口19,178人に対する1回目の接種率が61.6%、2回目の接種率が46.5%となっており、65歳以上の高齢者は、対象者数7,410人に対する1回目の接種率が88.6%、2回目の接種率が80.7%と順調に接種が進んでおり、10月末までには、2回目の接種を希望する接種対象者の約80%が接種を終了する見込みです。
 町民の皆様におかれましては、感染症まん延防止のため、道が示している「新北海道スタイル」の実践やワクチン接種の早期受診など、引き続き、御理解と御協力をお願い申し上げます。


新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ(令和3年9月21日)


町内施設の臨時休業延長について(令和3年9月13日)

 国による新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が延長されることに伴い、9月30日(木)まで次の町内施設について臨時休業を延長します。
 なお、今後、国の緊急事態宣言の動向や北海道の対策などにより、再度休業期間を延長及び変更する場合があります。
 町民の皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染症のまん延防止等への取組みについて、ご理解ご協力をお願いします。

※詳細については、各施設の所管課等にお問い合わせください。

 

イベント等の開催制限について(令和3年9月13日)

 町では、北海道の方針に基づき、屋内イベントや会議などの開催制限のご協力をお願いしておりますが、道において「緊急事態措置」の対策期間中、次のとおりの取扱いとすることとなりましたので、引き続き、町民のみなさまには感染症まん延防止のためにもご協力をお願いします。

 イベント等の開催制限の考え方は以下のとおりです。
 ■ イベント主催者と施設管理者の双方において「業種別ガイドライン」により必要な感染防止策を担保していること 
 ■ イベント主催者と施設管理者の双方において感染防止の取組が公表されていること

 なお、イベントの開催につきましては、「新北海道スタイル」の実践や「業種別ガイドライン」の遵守が前提となりますので、イベント主催者及び施設管理者におかれては、これらの徹底についてお願いします。また、感染防止対策が徹底されない場合は、無観客・オンライン開催に加えて、延期又は中止を検討してください。

 ◇措置期間 9月13日~9月30日

※収容率と人数上限のどちらか小さいほうが限度となります。(両方の条件を満たす必要)


遠軽町が主催、共催及び補助金等を交付するイベント等の開催基準について(令和3年5月11日)

 新型インフルエンザ等対策特別措置法の一部を改正する法律(令和3年2月13日施行)により、「まん延防止等重点措置」が創設されるなど、より一層の感染症対策の推進が図られている現状から、遠軽町内において、町が主催、共催及び町が補助金等を交付するイベント等の開催について判断する基準を次のとおり定めますので、ご理解、ご協力をお願いします。


新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた啓発用チラシについて(令和3年4月16日)

 新型コロナウイルス感染症については、全国各地で「まん延防止等重点措置」の対象地域が拡大するなか、大都市圏以外の地域でも感染者数の急速な増加が見られるなど、他県との往来が活発な本道においても十分な警戒が必要な状況にあります。
 また、道内全体の感染状況については、急激な拡大には至っていないものの、4月に入り、札幌市においては、入院患者数や重症患者数の増加傾向が続いているほか、変異株による感染の増加や集団感染の発生などにより、医療提供体制への負荷が懸念されております。
 こうした中、新年度に入り各学校では新学期がスタートするほか、ゴールデンウィークを間近に控え、これから人の移動や会食機会が一層活発化する時期に備えながら、今後本格化するワクチン接種を安心して受けられる環境づくりを進めるためにも、感染の再拡大防止に向け、当オホーツク管内においても引き続き、地域が一丸となって、基本的な感染防止対策や感染リスクの高い飲食の場面などにおける感染防止行動について、更なる徹底を図る必要があります。
 つきましては、北海道オホーツク総合振興局において、啓発用のチラシを作成しましたので、感染拡大防止に向けた対策の実施や、周知・啓発等について御協力をよろしくお願いします。


北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センターについて(令和3年4月6日)


新型コロナウイルス感染症に関連した人権への配慮について(令和3年3月2日)

 新型コロナウイルス感染症への対応が長期化する中で、感染された方々やそのご家族、そして医療や介護従事者の皆さんをはじめ、関係機関の方々に対し、不当な偏見や差別、心ない誹謗中傷やいじめなどが決してあってはなりません。
 町民の皆さまには、医療崩壊などを招かないためにも、不確かな情報に惑わされ、差別やいじめなど人権侵害につながるような行動をとることのないよう、正しい情報の下、理解を深め、冷静に思いやりのある行動をしていただくようお願いします。


ジョブチャレ北海道について(令和2年12月29日)

 北海道では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による離職者が、介護や建設など人手不足が深刻な業種に異業種から就職した場合、離職者及び企業に奨励金を支給する事業を実施しています。

※詳しくは画像をクリックしてください。

 

「新北海道スタイル」はじめましょう!(令和2年6月1日)

 「新北海道スタイル」とは、新型コロナウイルスとの闘いが長期化している中、国が示した「新しい生活様式」の北海道内での実践に向けた、新しいライフスタイルやビジネススタイル、それが「新北海道スタイル」です。
 道民の皆様が心を一つに、コロナと共存する新たなステージを目指しましょう。

 

北海道ソーシャルディスタンシング運動を展開しています(令和2年5月22日)

 北海道ソーシャルディスタンシング
   ~今は、きょりをとって~

 新型コロナウイルスの感染を防ぎ、大切な人の命を守るために、お互いに手を伸ばしても届かない距離を保つ、北海道ソーシャルディスタンシングを道民運動として展開しています。

 あなたの大切な人の命を守るために、日々の行動で、いつもより少し距離を保つことに、ご協力をお願いします。

 

新型コロナウイルスに関連した患者の発生について(令和2年4月11日)

遠軽町長から町民の皆様へ

 新型コロナウイルスにつきましては、誰もが感染者・感染源になる可能性があります。
 町民の皆様におかれましては、「換気の悪い密閉空間」、「多数が集まる密集場所」、「間近で会話や発声をする密接場面」の3つの密を避けるとともに、引き続き、咳エチケットや手洗いの徹底など感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
 また、風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている、強いだるさや息苦しさがあるといった症状のある方は帰国者・接触者相談センター(紋別保健所)にご相談ください。

【遠軽町の取り組み】
 遠軽町では2月28日の北海道知事の緊急事態宣言を受け2月29日(土)午前10時30分付で「遠軽町感染症対策本部」を設置したところであり、すでに14回にわたり本部会議を開催しているところです。(4月11日時点)
 また、遠軽町の対応としては、町主催の屋内で開催する50人以上の不要不急のイベント等については、当面の間中止又は延期することとして、町内の各種団体等に対して町の方針周知を図っております。
 これまで新型コロナウイルスについて適切に対応されてきた、道、保健所、医療機関関係者の皆様に対し敬意を表するとともに、今後も関係機関と情報共有を図りながら、感染拡大の防止に努めてまいります。


各種支援制度について

資料等


このページの問合せ先
遠軽町総務部危機対策室
電話:0158-42-4811 FAX:0158-42-3688