屋根からの落雪や落氷防止について


 自宅の屋根に積もった雪や氷が落ちて「ヒヤリ」とした経験はありませんか?
 例年、屋根や看板からの落氷雪によって、歩行者がけがをする事故が起きています。
 皆さんも、屋根の雪処理には大変苦労していると思いますが、冬期間の交通を円滑にし、未然に事故を防止するため、特に次のことに注意してください。


■屋根の構造上、雪・氷が道路、歩道に落ちる危険性がある建物には、落氷雪事故防止のために、雪止めなどを取付けてください。

■雪止めを付けていても、老朽化による強度の不足や、針金など取付金具がさびて落ちる場合があるので、必ず点検を行い、危険な箇所があれば早急に修理してください。

■屋根の雪・氷は、気温の上昇により、氷点下3度を超えると特に落ちやすくなるため、事前に処理してください。

■屋根から大量に雪が落ちた場合は、直ちに事故が起きていないか確認するとともに、歩行者や自動車の交通障害にならないよう、速やかに処理してください。

■雪下ろしをするときは、命綱を付けるなど落下しないように注意するとともに、軒下や歩道に歩行者や雪遊びをしている子どもがいないかなど、確認しながら作業を行ってください。

■交通事故や交通障害を防ぐため、屋根から落ちた雪や氷、敷地内の雪を道路に出さないでください。

■軒下を通行するときは、屋根からの落氷雪に十分注意してください。

■軒下では、絶対に子どもを遊ばせないでください。

■建物や看板などからの落氷雪は、少量でも危険が伴いますので、付着した雪や氷の
除去をこまめに行ってください。