除雪のギモンにお答えします


雪が降ってもすぐに除雪しないのはなぜ?

 町道は、おおむね15センチメートルの積雪を出動基準としています。
 雪質や天候、降雪状況により作業が日中になる場合、特に歩行者や車の通行量の多い市街地は危険が伴うため、翌日に作業を行う場合もありますのでご理解をお願いします。
 

家の前の除雪が遅いのはなぜ?

 除雪は幹線道路から行います。
 町が委託している除雪車で、町道全ての除雪を行うには10時間以上、地域によっては12時間以上もかかることがあります。除雪は通学路、バス路線や主要公共施設などに隣接する道路等を含む幹線道路を優先しながら、住宅密集地内の生活道路を除雪していきます。生活路線については、道路幅員が狭く、死角も多いため幹線道路と比較すると時間を要することをご理解願います。
  

なぜ除雪車が家の前に雪を置いていくの?

 限られた時間と車両で除雪作業を行っているためです。
 除雪は、車両と歩行者の交通確保を目的に行っており、除雪車が通過した後に、玄関や車庫前の路上に雪山ができることがあります。これは、除雪車が道路の雪を押した際にこぼれ出るもので、限られた時間と車両で除雪作業を行っていることをご理解いただき、こぼれた雪の処理は各家庭で処理していただくようご協力をお願いします。
  

なぜ除雪車は深夜や早朝に作業を行うの?

 通勤・通学の時間帯までに道路交通を確保するためです。
 降雪状況によっては、深夜から除雪作業を行う場合がありますので、除雪車の騒音、振動へのご理解をお願いします。
 

近所で作業をしている除雪車は、全て町の委託除雪車なの?

 町道や公共施設を除雪している除雪車にはプレートが付いています。
 平成29年度に登録されている委託除雪車の台数は、全地域で123台になります。
 最近は、会社や個人で保有している除雪車が、町内の至る所で除雪作業をしています。そこで、町が契約している委託除雪車を明確に区別するため、除雪車の両側面には、マグネット式プレートを取り付けて作業を行っています。
 なお、各地域の登録番号は次のとおりですので、作業へのご理解とご協力をお願いします。
 
イラスト:除雪車両プレート【遠軽地域】No.100〜199
【生田原地域】No.200〜299
【丸瀬布地域】No.300〜399
【白滝地域】No.400〜499