冬の暮らしを支える除雪


 冬期間の除雪作業は、消防車や救急車の緊急車両、ごみ収集車、物流の確保など日常生活に欠かすことのできない重要な事業です。
 遠軽町では、通勤通学時の安全で円滑な道路交通を確保するため、迅速かつ効率的な除排雪作業を実施していきますが、これには町民の皆さんの一人一人の理解と、地域ぐるみの協力が必要不可欠です。
 また、車社会や少子高齢化などにより、きめ細かい除雪が求められています。限りある財源で、より効果的な除排雪作業を行うため、皆さんのご理解とご協力をお願いします。
 

雪を道路に出さないでください

 路上に雪を投げ出すと交通の支障となるばかりでなく、わだちが生じてハンドルを取られるなど、交通事故の原因にもなり大変危険です。雪を捨てる場合は、町指定の雪捨場などを利用してください。
 

路上駐車はおやめください

 除雪作業に支障を来すばかりでなく、吹雪や夜間などには事故の恐れがありますので、路上駐車は絶対にしないでください。
 また、故障などで駐車する場合は、雪に覆われて確認できないことがありますので、除雪車や他の車両に分かるような措置を行った後、速やかに移動してください。
  

道路の適正な使用にご協力ください

 路上に車両用スロープ台、看板用ブロックなどの設置物は置かないでください。作業の障害や事故の原因になるため、大変危険です。
 

道路にごみを捨てないでください

 例年、除排雪作業により、雪を堆積した公園、畑、私有地などにごみが残ってしまいますので、道路にごみを捨てないでください。
 

除雪車には近寄らないでください

 除雪作業中は、常に安全を意識していますが、除雪車は後方など死角も多く危険です。作業中の除雪車には絶対に近寄らないでください。
 また、除雪車がセンターラインを越えて作業したり、急に停止、後進したりする場合もありますのでご注意ください。
 

目印をお願いします

 塀や花壇などは、移動をするかポールなどで目印を付けてください。
 

屋根の雪、つららの撤去にご協力ください

 屋根からの落雪は、作業の支障や交通の障害になるほか、歩行者にとっても大変危険であり、事故などが生じた場合は、個人や管理者の責任が問われる場合もあります。雪止めを付けるなどの防止策を講じるか、早めに雪下ろしを行ってください。
 

マンホールに雪を捨てないでください

 道路上の雨水桝やマンホールに雪を捨てると、本来の機能が低下するとともに、ふたと道路に段差が生じて歩行者や車両の通行の障害になり大変危険です。
 

雪山は危険です

 道路に隣接している雪山では絶対に「遊ばない」「遊ばせない」よう、指導や注意の徹底をお願いします。
 

除雪直後の道路に注意してください

 除雪車が通った直後の道路は、大変滑りやすくなっています。
 また、除雪によって道路と私有地の間に段差が生じる場合もありますので、徐行運転を行うなど十分にご注意ください。
 

安全運転をお願いします

 路面状況に応じて、坂道や交差点などに滑り止めの砂を散布していますが、気象や路面状況に合わせて、常に安全運転を心掛けてください。