消費生活行政に関する町長メッセージ


遠軽町における消費者行政の取組について


 近年、多種多様な商品やサービスが提供されており、生活の利便性が向上する一方で、消費者トラブルは年々複雑化、悪質化、巧妙化しています。このような昨今の消費者を取り巻く環境変化を踏まえ、町では地方消費者行政活性化基金などを活用し、消費生活相談体制の充実、関係機関のネットワーク構築など消費者利益の擁護や消費者被害の発生・拡大の防止に努めてまいりました。
 しかし、依然として消費者の財産、資産を狙った悪質商法や高度情報化社会の進展に伴うインターネット関連の消費者被害への懸念は高く、実際に被害も発生している状況にあります。
 町では、町民の健全で豊かな消費生活の実現に向けて、消費者被害を未然に防止又は早期に発見・解決するためのネットワークの充実・強化、消費者からの相談に的確に対応できる窓口体制の維持、更には消費者教育の啓発・推進など今後も消費者行政の活性化に取り組んでまいりますので、皆様の一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。

  平成29年3月

                                    遠軽町長 佐々木 修 一