店舗近代化助成制度のご案内

店舗近代化に係る助成とは

 町内で小売業または飲食サービス業を営む方が店舗を近代化(新築・改修・設備投資)する場合に、その費用の一部を補助する制度です。
 

対象者

 次の条件を全て満たす方が対象です。
  • @Aのいずれかに該当する方
    【@小売業】
     資本金または出資の総額が5千万円以下で、常時雇用の従業員数が50人以下  【A飲食サービス業】
     資本金または出資の総額が3億円以下で、常時雇用の従業員数が300人以下
  • 町内に事業所がある、または設置する予定の方
  • 店舗の近代化に係る工事の契約を町内の事業者と結んでいる方
  • 店舗の近代化に係る固定資産(建物、土地、償却資産)の投資総額が300万円以上である方
  • 同じ事業を対象に国、北海道及び町から他の補助金等を受けていない方
  • 遠軽町商工業振興条例による助成金の交付期間中である事業がない方
  • 町税等を全て納付している方
  • 平成30年3月末までに店舗の近代化工事が完了する方
 

補助率など

 店舗近代化経費の100分の30以内の額(限度額500万円)を、3年間の分割で交付します。
 

申込方法

 事業着手の1か月以上前までに次の書類を提出してください。
  • 商工業振興事業計画書
  • 町内事業者から発行された工事等の見積書の写し
  • 法人の場合は登記簿謄本、定款など企業の概要を説明するための書類