1964東京オリンピック遠軽町展示林


 遠軽町にある、私立では日本で唯一の男子を対象とした児童自立支援施設である社会福祉法人北海道家庭学校。この敷地内に、昭和39年に開催された東京オリンピックゆかりの展示林があります。
  

北海道家庭学校の展示林

写真:展示林  昭和39年(1964年)に開催された東京オリンピック。このとき、国土緑化推進委員会(現在の社団法人国土緑化推進機構)が参加各国に呼び掛けて樹木の種子を交換し、44か国から272種類を受け入れました。
 これらの種子は林業試験場などで苗木に育てられ、気候などに合わせて全国各地に植えられました。このうち、北方系の樹種10種類を北海道家庭学校が受け入れて植樹し「展示林」として育ててきました。受け入れた経緯は、昭和43年6月発行の機関紙「ひとむれ」第305号に掲載されています。
 なお、記録からオリンピックにゆかりのある樹木の現存が確認できるのは、東京都の代々木公園にある「東京オリンピック記念樹木見本園」と、ここ遠軽町の展示林だけだということです。


【昭和43年6月発行 北海道家庭学校機関紙「ひとむれ」305号より】
「展示林樹苗を受く」より抜粋
 東京オリンピックの際、各国選手が国の代表的林木の種子をはるばる持参、それを育苗中であることはあまり知られていない。4月25日道庁の馬渕氏が来訪されたとき、北海道として「この記念樹をどこへ植えたら各国選手の好意を顕示出来るか」苦慮しているとの話があった。博物館には林木の見本、展示林には10種類が植樹され、造林への関心の高いことに感銘を受けたと感想を述べられた。あらゆる部門から参観者のあることが知られて、ここの土地に適するものを10種類いただき、一部は展示林に、一部は育畑に移植した。
 
「サナプチ日記」より抜粋
 早朝、秋葉横山先生はトラックにて出発、野幌農林省林木育種場光珠内の北海道林業試験場におもむき、東京オリンピックの際、外国選手の持ち来たった種子より育苗せる樹種10種類を受取る。
 

「1964東京オリンピック遠軽町展示林」として活用を検討

  北海道家庭学校の敷地で50年以上にわたり育まれてきたこの展示林でしたが、同校関係者以外にはあまり知られていませんでした。しかし、遠軽町出身の著名なスポーツ写真家で、父が同校職員として勤務していたという岸本健さんが雑誌で紹介したことをきっかけに、遠軽町内でも知られるようになりました。
写真:1964東京オリンピック遠軽町展示林活用検討会議 平成29年1月19日には、同校と網走西部森林管理署、北海道オホーツク総合振興局、遠軽町が「1964東京オリンピック遠軽町展示林活用検討会議」を設置し、来る平成32年(2020年)に予定されている2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会で、この展示林にある樹木の木製品としての活用や、観光資源としての活用、歴史的に貴重な資源として後世に引き継ぐことなどについて検討しています。
 その後、平成29年9月には木製品としての活用に向けて試験伐倒を実施し、現在は聖火のトーチや表彰台、選手に配るうちわなどに活用できないか調査しています。また、同校の子どもたちや町内の小学生による種子採取体験も行われ、この展示林を知ってもらうとともに、この種をまいたり苗を育てて展示林に植樹をしたりするなど、緑の循環により歴史を後世に引き継ぐ事業も予定しているほか、2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会出場国で、展示林にゆかりのある国や選手との交流も検討しています。
写真:試験伐倒 写真:種子採取体験