遠軽町の町有林に「ピアノの森」を設置しました


 平成28年3月に遠軽町丸瀬布地域の北見木材株式会社とオホーツク総合振興局、遠軽町の3者による「ピアノの森」の設置に関する協定が締結され、平成28年度に遠軽町では丸瀬布大平・上丸2か所の町有林内のアカエゾマツ人工林11ヘクタールを「ピアノの森」として設置しました。
 同社では、国産ピアノに使われる響板の約3分の2を製造しており、今後も3者が連携して「ピアノの森」を適切に管理し、響板の材料として使用できるような良質なアカエゾマツ人工林の育成と活用を進めていきます。
 
写真:協定書を手にした森田良二オホーツク振興局長、北見木材株式会社佐藤正則代表取締役社長、佐々木修一遠軽町長

「ピアノの森」の設置に関する協定書

 ピアノの部材の加工、生産を行う北見木材株式会社と、北海道オホーツク振興局及び遠軽町が「ピアノの森」を設置し、アカエゾマツ人工林材の高付加価値化の推進、需要拡大と知名度向上を図るとともに、植樹祭・育樹祭などの木育活動を通じて木の文化を次の世代に引き継ぐことを目的に締結されたものです。