公園遊具の一部使用禁止について


 公園遊具については毎年専門業者により安全点検を実施しており、安全性が「Dランク評価」(最低の評価)と判定された遊具については、早急に修繕が必要なものとして順次修繕を進めてきたところです。
 こうした中、令和元年6月に北海道より各市町村に対し「Dランク評価の遊具について、補修等の対応を行わずに継続して使用している施設がある場合は、安全確保について現地確認を進めるなど、適切な対応をお願いする」との通知がありました。
 これを受け、利用者の安全を最優先に考慮し、7月上旬より「Dランク評価」の遊具に対して「立入禁止」テープ等を巻くなど、使用できないよう措置をしているところです。
 当該遊具の修繕、撤去などについては現在検討中であり、修繕可能な遊具については順次修繕を行っていくこととしておりますが、老朽化が著しい遊具については撤去も検討しております。
 ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。