政治家の寄附は禁止、有権者が求めることも禁止されています

 年末年始は、何かと贈り物やお祝い事をする機会の多いシーズンですが、政治家が選挙区内の人にお金や物を贈ることは、公職選挙法で禁止されています。
 次のような行為により処罰されると、公民権が停止され、選挙への立候補や投票、選挙運動への参加が禁止されます。
 寄附禁止のルールを守って、明るい選挙を実現しましょう。
  1. 政治家の寄附の禁止
  2. 政治家に対する寄附の勧誘・要求の禁止
  3. 政治家の関係団体の寄附の禁止
  4. 後援団体の寄附の禁止
  5. 年賀状等の挨拶状の禁止
  6. 挨拶を目的とする有料広告の禁止
平成29年10月22日任期満了に伴い、任期満了日前30日以内に町長・町議会議員選挙が予定されておりますが、新たに立候補を予定している方も該当になります。

みんなで徹底しよう三ない運動 贈らない! 求めない! 受け取らない! これらのものも、政治家の寄付禁止の対象となります。「秘書等が代理で出席する場合の結婚祝」「地域の運動会・スポーツ大会への飲食物等の差入」「お祭りへの寄附・差入」「町内会の集会・旅行等の催物への寸志・飲食物の差入」「落成式・開店祝等の花輪」「病気見舞」「お歳暮・お年賀」「入学祝・卒業祝」「葬儀の花輪・供花」「秘書等が代理で出席する場合の葬儀の香典」

※詳細は、総務省のホームページをご覧ください。