水道の凍結にご注意ください

トップページ > くらし > 

 「水道凍結」の起こりやすい季節になりました。
 気温が氷点下4度以下になると日中でも凍結することがあります。
 日頃からの注意と正しい操作で冬を快適に過ごしましょう。
 
■水を落とすときは
 水抜き栓で水を止めた後、全ての蛇口を完全に開けて水を落としてください。
 特に風呂などに分岐している管には、水が残って凍結することがあります。中間の水抜弁などで完全に水を抜くように気をつけましょう。
 
■凍結してしまったときは
 管の破損や水の吹き出しを防ぐため、蛇口を開いて水抜栓を閉めておいてください。
 
■自分で凍結を直すときは
 軽い凍結は自分でも直すことができますが、十分注意して行ってください。
 水抜栓または水道管にタオルを巻いて、その上から80度前後のお湯をかけてください。直接熱湯をかけると、破裂することがあるので注意しましょう。
 それでも水が出ない場合には、遠軽町が指定している給水装置工事事業者に修理を依頼してください。

水道事業者がお宅に伺った際に凍結が解けていた場合でも、料金がかかることがあります。十分ご確認の上、依頼してください。