平成21年度における償却資産申告書の耐用年数省令の一部改正に伴う変更点


耐用年数省令の一部改正が行われました

 平成20年度税制改正において減価償却資産の資産区分及び耐用年数の見直しが行われ、減価償却資産の耐用年数表が大幅に変更されました。特に、「機械及び装置」については、390区分あった資産区分が55区分へと全面的に見直されました。
 また、これに併せて、耐用年数が変更されていますので、詳細は、画面下のPDFファイルを参照ください。


固定資産税における耐用年数の取扱い

 固定資産税(償却資産)においては、決算期等に関わりなく既存分の資産も含めて、平成21年度分の固定資産税から改正後の耐用年数が適用になります。詳しい計算方法や注意事項については、画面下のPDFファイルをご確認ください。
 なお、遠軽町においては、例年どおり12月上旬に償却資産申告書を発送する予定です。

平成21年度償却資産申告における耐用年数について(PDFファイル・251KB)

機械及び装置新旧対応表(PDFファイル・235KB)