医療費控除が一部変わります


平成29年分から医療費控除の提出書類が変わります

  • 医療費の明細書の添付が必要です。(用紙は税務課の窓口にありますので、事前に記入してください。)
  • 医療保険者から交付を受けた「医療費通知(医療費のおしらせ)」(平成29年分から新たに使用できるようになりました)
  • 領収書(平成29年中の日付で領収印が押してあるもの)
平成29年分の確定申告から、医療費控除申告の際に「医療費の明細書」を添付すれば領収書は提出が不要になりました。ただし医療費の領収書は自宅で5年間保存し、税務署から求められたときは提示または提出する必要があります。

 なお、平成29年分から平成31年分までの確定申告については、従来どおり医療費の領収書の添付または提示で対応する事もできます。
 

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)

 健康の保持及び疾病予防の一定の取組みを行う方が、自己または自己と生計を一にする配偶者、その他の親族にかかる特定一般用医薬品(スイッチOTC医薬品)の購入費が12,000円を超えた分が控除額となります。(上限88,000円)
●一定の取組みとは
 「特定健康診査」「健康診査」「定期健康診断」「がん検診」「予防接種」等です。
●特定一般用医薬品(スイッチOTC医薬品)とは
 医師によって処方される医薬用医薬品から、ドラックストアで購入できるように転用された医薬品です。具体的な対象品目は厚生労働省のホームページで公開されています。
特定一般用医薬品の購入については、レシート等で判別できるよう、印が記載されています。
本特例の適用を受ける場合は、現行の医療費控除の適用を受けることができませんのでご注意ください。