ごみの分け方・出し方


ごみの分け方・出し方

分け方 分類例 出し方
燃やすごみ 生ごみ、紙くず、草木類、布類、皮類、たばこの吸殻、廃食用油など ・生ごみは、十分水切りをしてください。
・木の枝等は、70cm以内に切断してひもで縛るなどしてください。
・専用袋に入れてください。
燃やさないごみ プラスチック類、スポンジ、金属類、ガラス、陶磁器類、ゴム製品、貝殻など ・刃物や割れ物は、紙などで包んでください。
・スプレー缶は、中身を使い切ってください。
・専用袋に入れてください。
資源ぶつ 空き缶 飲料缶、缶詰缶、のり・菓子缶など ・異物を取り除き、中を洗ってください。
・容器が小さいなど、中が洗えないものや汚れが取れないものは燃やさないごみとして出してください。
・透明または半透明のごみ袋に入れてください。
・発泡スチロールで一面にアルミ加工されたものは、その他のプラスチックに出してください。
アルミ加工された発泡スチロール
空きびん 飲料、調味料、化粧品など
ペットボトル 飲料用、醤油、醤油加工品、酒類、みりん風調味料など
発泡スチロール トレイ類、カップ麺の容器類、魚箱など
その他プラスチック パック類、トレイ類(発泡スチロール製以外)、カップ・キャップ類、プラスチック製ボトル、ネット類、緩衝材など
ダンボール 家電製品の箱、野菜・果物箱など ・ひもで十文字にしっかり縛ってください。
新聞類 新聞、チラシ
雑誌類 雑誌、本
紙パック 牛乳パック、ジュース類の紙パックなど ・中を洗い、開いて乾かしてください。
・ひもで十文字にしっかり縛ってください。
特殊ごみ 乾電池、蛍光管など ・専用回収ボックスへ出してください。
蛍光灯 乾電池
遠軽 ・役場
・福祉センター
・げんき21
・瀬戸瀬コミュニティセンター
・清掃センター
・役場
・福祉センター
・げんき21
・図書館
・総合体育館
・郷土館
・遠軽コミュニティセンター
・瀬戸瀬コミュニティセンター
・清掃センター
生田原 ・生田原総合支所
・安国出張所
・清里生活改善センター
・生田原総合支所
・安国出張所
・こどもや商店
・清里生活改善センター
丸瀬布 ・丸瀬布総合支所 ・丸瀬布総合支所
・丸瀬布中央公民館
白滝 ・白滝総合支所
・矢木組前ストックヤード
粗大ごみ 家具類、布団類、自転車など専用袋に入らない物 ・ごみ処理券を貼ってください。
・重さ60kg以内にしてください。
※家電リサイクル対象製品(冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、テレビ、エアコン)、パソコン、バッテリー、消火器、薬品、農薬、オートバイ、タイヤ、ガスボンベなどは町で処理できないごみです。販売店にご相談ください。


ごみ処理手数料

種別 手数料 備考
収集運搬 燃やすごみ
燃やさないごみ
10リットル専用袋 20円/枚 購入単位は10枚
15リットル専用袋 30円/枚
30リットル専用袋 60円/枚
45リットル専用袋 90円/枚
粗大ごみ 処理券 小 200円/枚 長さ1m未満
処理券 大 400円/枚 長さ2.5m未満
直接搬入 燃やすごみ  30円/10kg 遠軽町清掃センター
住所:遠軽町向遠軽297-1
燃やさないごみ  30円/10kg 遠軽町旭野一般廃棄物最終処分場
住所:遠軽町生田原旭野181番地
※資源ぶつは無料です。ただし、事業活動(商店、会社関係)に伴うものは、有料です。
※旭野一般廃棄物最終処分場は「燃やさないごみ」の埋立地です。処分場を長く利用するため、「燃やすごみ」や「資源ぶつ」の分別を徹底して、ごみの減量にご協力ください。


生ごみたい肥化容器等購入奨励制度

 生ごみの自家処理およびごみの減量化の推進を図るため、町内の登録販売店で生ごみ処理容器などを購入した方に対し、予算の範囲内で奨励金を交付します。
種類 内容 備考
コンポスト 2,000円/基 130リットル以上
1世帯2基まで
電気式生ごみ処理機 購入額の1/2(限度額20,000円)/基 1世帯1基まで


リサイクル運動推進事業奨励制度

 リサイクル運動を推進するとともに、一般廃棄物を適正に処理し、資源の有効活用を図るため、地域で資源の回収活動を年2回以上行う団体に対し、予算の範囲内で奨励金を交付します。
基本額
1団体 10,000円
資源回収実施回数 加算額
3回から4回まで 3,000円
5回から6回まで 5,000円
7回から8回まで 7,000円
9回から10回まで 9,000円
11回以上 11,000円