ごみの分け方・出し方


ルールを守りましょう

  • ごみは分別区分ごとにきちんと分けましょう。
     
  • ごみの分け方については、「ごみ分別の手引き」を参考にしてください。
     
  • 住んでいる地域の決められた収集日当日の朝にごみステーションに出しましょう。
     
  • 自ら管理に携わっているごみステーションに出しましょう。関係のないごみステーションには決して出さないでください。
     
  • 分別がされていないごみは回収しませんので、一度持ち帰り、正しく分別し、次の収集日に出してください。
 ■ごみの分け方・出し方(PDFファイル:1,242KB)
 

有料で収集するもの

区分 分類例 出し方
燃やすごみ 台所ごみ、紙くず、資源にならないプラスチック製品、ゴム・ビニール製品、布・革類、その他(食用油・草花など) 指定ごみ袋(赤)に入れて出してください。
・生ごみは十分水切りをする
・紙おむつは汚物を取り除く
・容易に取り外せる金具は「燃やさないごみ」へ
・食用油は紙などに染み込ませるか凝固剤などを使用する
・草花は土をしっかり払い落とす
燃やさないごみ 金属類、ガラス・陶磁器類、容器類、その他(小型家電製品・貝殻など) 指定ごみ袋(青)に入れて出してください。
・刃物や割れ物は、紙などで包んで「キケン」と表示する
・中身は使い切る
・ガス缶・スプレー缶は穴を開けずに出す
※小型家電製品は役場に設置された回収ボックスに出すこともできます。
粗大ごみ 家具類、布団類、自転車など指定ごみ袋に入らないもの ごみ処理券を貼って出してください。
・重さは60キログラム以下まで
・タンスなど分離するものは1セットであれば1つのごみとします。
・庭木の枝などは長さ50センチ直径50センチ以下に束ねる。
・なるべく分解をし、分別して出してください。
 

指定ごみ袋(燃やすごみ(赤)・燃やさないごみ(青))・ごみ処理券

種類 手数料(1枚あたり) 販売単位 販売価格
10リットル袋 20円/枚 10枚1組 200円
15リットル袋 30円/枚 300円
30リットル袋 60円/枚 600円
45リットル袋 90円/枚 900円
ごみ処理券(小) 200円/枚 1枚 200円
 ごみ処理券(大) 400円/枚 400円
参考 遠軽町指定ごみ袋・ごみ処理券販売店
 

無料で収集するもの

区分 分類例 出し方
資源ぶつ 空き缶 飲料の缶、缶詰の缶・フタ、菓子缶など
(大きさは、一斗缶の半分以下のものまで)
透明度が高く誰が見ても中身が確認できる袋に入れて出してください。(袋の大きさは45リットルまで)
・水ですすぎ汚れを落とす
・ふたははずして中身が見える状態に
・金属のキャップは「燃やさないごみ」へ
空き瓶 飲料の瓶・調味料の瓶・化粧品の瓶など
(糊付けされた紙ラベルは剥がさなくて可)
透明度が高く誰が見ても中身が確認できる袋に入れて出してください。(袋の大きさは45リットルまで)
・水ですすぎ汚れを落とす
・割れた瓶や油使用の瓶、金属製のキャップや王冠は「燃やさないごみ」へ
・プラスチック製キャップは「その他プラスチック」へ
ペットボトル 「PET」マーク表示があるもの

飲料・調味料のペットボトル
透明度が高く誰が見ても中身が確認できる袋に入れて出してください。(袋の大きさは45リットルまで)
・水ですすぎ汚れを落とす
・キャップとラベルは剥がして「その他プラスチック」
白色トレイ類 白色の発泡容器

発泡スチロール、魚箱、緩衝材、食品トレイ、納豆パックなど
透明度が高く誰が見ても中身が確認できる袋に入れて出してください。(袋の大きさは45リットルまで)
※大きな箱は紐で十文字に束ねて出す事もできます。(フタは必ず開けてください)
・水ですすぎ汚れを落とす
・白色以外のもの、アルミ加工や模様・文字が付いている発泡容器は「その他プラスチック」へ
・テープやシールは必ず剥がす
その他プラスチック 「プラ」マーク表示があるもの

チューブ類、ボトル類、色付きトレイ類、ポリ袋・ラップ類、緩衝材、パック・カップ類、ネット類、フタ・ラベルなど
透明度が高く誰が見ても中身が確認できる袋に入れて出してください。(袋の大きさは45リットルまで)
・中身は使い切る
・汚れているものは、軽く汚れを落とす
・汚れの取れないものは「燃やすごみ」へ
※白色の発泡容器は「白色トレイ類」へ
段ボール類 段ボール・厚紙(菓子箱など) 平らにたたんで、ひもで十文字にしっかり縛って出す。
・テープ、ラベルは剥がす
※アルミ加工・ロウ加工されたものは「燃やすごみ」へ
新聞・チラシ 新聞紙・チラシ ひもで十文字にしっかり縛って出す
・テープ、ラベルは剥がし、たたむ
※小冊子は「雑誌・本類」へ
雑誌・本類 雑誌・週刊誌・雑紙(コピー用紙・封筒・カレンダー・包装紙など) ひもで十文字にしっかり縛って出す
・チラシの混入可
紙パック 紙製の飲料用容器 ひもで十文字にしっかり縛って出す。(袋の使用も可)
・水ですすいで開き、乾かす
※内側がアルミ加工されたものは「燃やすごみ」へ
特殊ごみ 乾電池、蛍光管 最寄りの回収ボックスに持参してください。
乾電池 蛍光灯
遠軽 ・役場
・げんき21
・福祉センター
・総合体育館
・郷土館
・図書館
・瀬戸瀬コミュニティセンター
・遠軽コミュニティセンター
・役場
・げんき21
・福祉センター
・瀬戸瀬コミュニティセンター
生田原 ・生田原総合支所
・安国老人憩いの家
・こどもや商店
・旧清里生活改善センター
・生田原総合支所
・安国老人憩いの家
・清里生活改善センター
丸瀬布 ・丸瀬布総合支所
・丸瀬布中央公民館
・丸瀬布総合支所
白滝 ・白滝総合支所
・矢木組前ストックヤード
※白熱球や割れた蛍光管は「燃やさないごみ」へ
使用済み小型家電 家庭から出た小型家電製品で、回収ボックスの投入口(30センチ×30センチ)に入る大きさのもの 最寄りの回収ボックスに持参してください。
【遠軽】役場
【生田原】生田原総合支所
【丸瀬布】丸瀬布総合支所
【白滝】白滝総合支所


詳細は「使用済み小型家電無料回収します」のページをご覧ください。
事業活動(商店、会社関係)に伴うものは有料です。
 

遠軽町で処理できないごみ

  • 家電リサイクル法対象機器4品目(テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン)
    →詳細は「家電リサイクル法対象機器4品目の処理について」のページをご覧ください。
     
  • ブラウン管ディスプレー(デスクトップ型パソコンモニター)
    →詳細は「家庭から廃棄されるパソコンの処理について」のページをご覧ください。
     
  • バッテリー、プロパンガス、二輪車、消火器、タイヤ、農薬、廃油
    →各販売店にご相談ください。
     
  • 事業活動に伴い発生した産業廃棄物
    →産業廃棄物処理業者にご相談ください。
上記に記載のないものでも、状況により処理できないものがありますので、ご不明な点は町へご確認ください。
 

生ごみたい肥化容器等購入奨励制度

 生ごみの自家処理及びごみの減量化の推進を図るため、生ごみ処理容器などを購入した方に対し、購入費用の一部を助成しています。

詳細は「生ごみたい肥化容器・電動生ごみ処理機購入費用の一部を助成します」のページをご覧ください。
 

リサイクル運動推進事業奨励制度

 リサイクル運動を推進するとともに、一般廃棄物を適正に処理し、資源の有効活用を図るため、地域で資源の回収活動を年2回以上行う団体に対し、奨励金を交付します。
基本額
1団体 10,000円
資源回収実施回数 加算額
3回から4回まで 3,000円
5回から6回まで 5,000円
7回から8回まで 7,000円
9回から10回まで 9,000円
11回以上 11,000円