燃やさないごみから火災や爆発事故が起きています


 今年、ごみ収集車両の火災や、旭野一般廃棄物最終処分場での爆発事故が相次いで起きています。
 その原因は、中身の残っていたガスボンベやスプレー缶のガスが漏れ、引火したものとみられています。
 こういった火災や爆発は機械の損傷だけでなく、そこで働く人の生命を危険にさらしてしまいます。スプレー缶やガスボンベをごみに出すときは、穴を開けずに、必ず中身を使い切ってから燃やさないごみに出してください。