野生動物に餌を与えないでください


 最近、キツネやカラスなどの野生動物が住宅地に住みつくようになっており、その原因の一つに「餌やり」が挙げられます。
 餌をやると、容易に餌が手に入るため、野生動物が住宅地に集まってしまい、庭やごみを荒らしたり、ふん尿問題が発生したりするほか、その餌に依存する野生動物も現れ、そのことにより本来の習性が変わってしまうことが懸念されます。
 また、野生動物の数は、天敵の数や餌の量などによりコントロールされていますが、人間が栄養価の高い餌を与えることにより増えすぎてしまう可能性があります。数が増えると、元からその地域に生息しているほかの動物を圧迫してしまうなど、自然のバランスを大きく崩してしまうことになります。
 人間と野生動物が共存していくためにも、みだりに餌を与えることのないようご協力お願いします。