野生動物に餌を与えないでください


 最近、住宅地でキツネやカラスなどの野生動物を見かけることがあります。原因はさまざまですが、その一つに餌となる食べ物があるということがあげられます。
 住宅地に餌となる食べ物があると、庭やごみを荒らしたり、ふん尿の問題が発生したりするだけでなく、その餌に依存するほかの野生動物も現れ、本来の習性が変わってしまうことが心配されます。
 また、野生動物は天敵の数や餌の量などによりコントロールされていますが、栄養価の高い餌を食べることにより一定の動物が増えすぎてしまい、元からその地域に生息していたほかの動物を圧迫してしまうなど、自然のバランスを大きく崩してしまう可能性があります。
 人間と野生動物が共存していくため、住宅周辺に餌となる食べ物を置かないようご協力をお願いします。