油流出事故を防ぎましょう


 近年、一般家庭や事業所のタンクから灯油や重油などが流出する事故が北海道内でも多く発生しています。
 油の流出は、火災発生の危険性や河川・水路・土壌・地下水等に重大な環境汚染を引き起こし、人の生活や動植物へ重大な影響を与えてしまいます。
 重大な事故を起こさないよう、日頃から点検等を行い、油の流出事故を防ぎましょう。


■町民の皆様へ
・定期的に灯油タンクの点検をしましょう。(ホースの破損、タンクの傾きなど)
・灯油の減り方が激しいときは油漏れの可能性があります。最寄りの販売店などに見てもらいましょう。
・ホームタンク近くでの作業(除雪等)の際には、タンクやホースの破損に注意しましょう。
・異常な油の臭いや油が浮いているのを発見した場合は、すぐに役場または消防まで連絡してください。

■事業者の皆様へ
・定期的にタンクや配管の点検を行いましょう。
・給油の時は、その場から離れないようにしてください。
・一般家庭に給油の時は、ホームタンクの破損状況などの確認を行ってください。(異常がある場合は、所有者に連絡し、早急に対応してください。)
・緊急時に備えて、オイルマットや土のうなどを準備してください。


※ 誤って道路の側溝等に流出してしまうと、河川まで放出され重大な事故となります。この場合、発生場所の土壌の除去、側溝等の清掃、河川へ放出された油の回収費用等すべての経費は、油を流した方の負担となり、多額の支払いとなる場合があります。
 また、所有地内でも油で汚れた土壌などは、専門の事業所により処理しなければなりません。この場合の費用も、油を流した方の負担となります。
 万が一、油流出事故を起こしてしまった場合や油流出事故を発見した場合は、すぐに役場または消防に連絡してください。