コミュニティ助成事業「折りたたみテーブル」を整備


 このたび、財団法人自治総合センターのコミュニティ助成を受け、白滝地域自治会長連絡協議会では、折りたたみテーブルを整備しました。
 この事業は、同センターが全国自治宝くじ普及広報事業費として受け入れる宝くじ受託事業収入を財源として、住民の行うコミュニティ活動を促進し、その健全な発展を図るとともに、宝くじの普及広報を目的として行われているものです。
 折りたたみテーブルはイベント等の開催に使用します。
 今回、新しく使いやすいテーブルが整備されたことで、高齢化する住民のイベント等での準備や片付けといった作業の効率化と負担の軽減が図られ、地域でのコミュニティ活動が一層充実することが期待されます。