介護保険のしくみ


介護保険とは…

 介護保険は、40歳以上の方が加入者(被保険者)となり、市区町村が保険者となって運営します。被保険者の皆さんが保険料を払って、介護が必要になったときにサービスを利用する社会保険制度です。


被保険者について

 65歳以上の方は第1号被保険者、40歳以上65歳未満の方は第2号被保険者となります。(40歳以上65歳未満で医療保険未加入の方、指定障害者支援施設等の適用除外施設に入所している方は、被保険者にはなりません。)

  第1号被保険者
(65歳以上)
第2号被保険者
(40〜64歳)
被保険者証  65歳を迎えた月に送付されます。被保険者証は、要介護認定やサービスの利用に必要となりますので、健康保険証等と一緒に大切に保管しましょう。
 転入者のうち、要介護認定を受けていない方は、転入した月の翌月に被保険者証が送付されます。
 被保険者証は送付されません。要介護認定を受けた場合のみ発行されます。
保険料  遠軽町の介護サービスを賄えるように算出された基準額を基に、それぞれ所得区分に応じた保険料を納めることになります。保険料は、保険者ごとに異なります。
 納付方法は、年金から天引きとなる「特別徴収」、納付書で直接納める「普通徴収」の2種類があります。
 加入している医療保険の算定方式を基に、決められた保険料を納めることになります。
 納付方法は、医療保険料と合わせて徴収されます。


第1号被保険者(65歳以上)の介護保険料

 平成27年度から平成29年度までの第1号被保険者の保険料は、44,400円(年額)が基準額となります。この基準額を基本として、所得に応じた負担となるよう9段階の保険料に分かれます。詳しくは、税務課のページをご覧ください。