旧丸瀬布町の沿革


 丸瀬布はアイヌ語の「マウレセプ」の訛りで三つの(武利川、湧別川、丸瀬布川)に分かれている広いところの意味です。昭和21年遠軽町より分村、昭和28年町制施行。
平成の時代(1984年〜現在)
昭和 (1946〜1989年)
21年 (1946年) 遠軽町より分村丸瀬布村となる(8月)
22年 (1947年) 丸瀬布中学校開校 丸瀬布消防団設置 丸瀬布営林署設置
23年 (1948年) 山脈発刊 遠軽高等学校丸瀬布分校(定時制)開校
24年 (1949年) 伊奈牛小学校開校
(町制施行)
25年 (1950年) 丸瀬布小学校南丸分校開校
27年 (1952年) 丸瀬布国保病院開院 町立丸瀬布高等学校に昇格
28年 (1953年) 町制施行(10月)
30年 (1955年) 大平小学校開校
32年 (1957年) 分岐小中学校閉校
33年 (1958年) 国保直営病院で北海道厚生連に委託
丸瀬布保育所開所 大平中学校開校
37年 (1962年) 簡易水道通水開始 森林鉄道輸送廃止 公民館完成
38年 (1963年) 北見鉱山閉山 伊奈牛小学校閉校 母と子の家設置
39年 (1964年) 農業共済事業町営実施
40年 (1965年) 上丸小学校閉校 武道館設置
41年 (1966年) 大平中学校閉校 NHK丸瀬布中継所開局
42年 (1967年) 丸瀬布中学校移築竣工
43年 (1968年) 丸瀬布厚生病院改築 丸瀬布町白滝村学校給食組合設立
44年 (1969年) 丸瀬布町総合センター竣工 交通指導員設置 大平小学校閉校
45年 (1970年) 過疎団体に指定 南丸小学校閉校 樹木供給事業開始
開拓記念家屋復元
46年 (1971年) 遠軽地区消防組合丸瀬布支署発足 HBC丸瀬布中継所開局
天神チビッ子会館完成
47年 (1972年) 老人医療費助成開始 町広報「まるせっぷ」創刊
新町チビッ子会館完成 開基60周年記念式典挙行
新字地番に統一改正 丸瀬布局ダイヤル自動化
48年 (1973年) 丸瀬布高校閉校 歯科診療所開設 乳幼児医療費助成開始
町の花「エゾムラサキツツジ」町の木「アカエゾマツ」制定
上武利線町営バス運行開始 東町チビッ子会館完成
49年 (1974年) 町営プール完成 労働福祉センター完成
50年 (1975年) 養護老人ホーム「緑の園」開設
静岡県沼津市との経済交流開始・北海道物産館オープン
51年 (1976年) 旧林鉄蒸気機関車「雨宮21号」引渡式
分村30周年記念式典 町民憲章制定
52年 (1977年) 武利ダム着工(北海道電力株式会社瀬戸瀬水力発電所)
丸瀬布保育所、丸瀬布小学校体育館(町民体育館)落成
53年 (1978年) 郷土資料館、林鉄博物館、鉱山博物館建設 土地開発公社発足
交通事故死ゼロ1000日達成記念式典
 簡易水道沈殿池新設
54年 (1979年) 特別豪雪地帯指定 第3期山村振興計画樹立地域に選定
地域農政特別対策事業指定
55年 (1980年) 消防庁舎完成 北海道電力株式会社瀬戸瀬水力発電所運用開始
新過疎地域振興計画樹立
56年 (1981年) 丸瀬布町開基70周年、分村35周年、商工会青年部20周年記念によるタイムカプセル埋設
いこいの森森林鉄道完成 温泉ボーリング開始
交通事故死ゼロ2000日達成 

(タイムカプセル)
57年 (1982年) 越前修吉町長急逝、名誉町民となる
交通安全塔設置
 交通事故死ゼロ2568日でストップ
山村広場(平和山公薗)完成 地域集団電話廃止
58年 (1983年) いこいの森キャンプ村、子供広場オープン
丸瀬布サケ、マスふ化場完成 中央公民館落成 旧公民館中町会館となる
59年 (1984年) 中央浴場廃業 麦乾燥調整貯蔵施設完成 丸瀬布駅無人化
きのこ培養試験研究施設完成
60年 (1985年) 特別養護老人ホーム「丸瀬布ヒルトップハイツ」開設
武利小中学校開校
70周年記念式典 山菜工場を誘置
丸瀬布中学校女子ソフトボール全国大会出場
61年 (1986年) 丸瀬布町総合計画策定 国民宿舎「翠明荘」民営に移管
第1回湧別原野オホーツク100qクロスカントリースキー大会開催

武利線道道に昇格 金山遺跡発掘調査開始
STV・HTB・UHB丸瀬布中継所開局 テレビ組合解散

丸瀬布小学校新校舎落成及び同校開校70周年記念式典
62年 (1987年) エキノコックス予防対策地区に指定 自然の家オープン
63年 (1988年) 丸瀬布南地区農免農道着工 国道333号線金山橋竣工
丸瀬布農村総合整備計画策定
平成 (1989年〜現在) TOPに戻る
元年 (1989年) 社会福祉法人丸瀬布町社会福祉協議会発足
交通事故死ゼロ1993日でストップ 堀重平氏名誉町民
丸瀬布町総合スポーツ公園オープン 丸瀬布町老人福祉センター完成
2年 (1990年) 「夢里塾」発足 「木芸館」完成 第2号源泉ボーリング
丸瀬布町過疎地域活性化計画策定
 丸瀬布町歯科診療所完成
丸瀬布中学校新校舎落成
3年 (1991年) 国道333号馬止トンネル竣工
住宅建設奨励補助制度制定 温泉熱利用試験栽培ハウス完成
公衆トイレ「トイレ3・3・3」完成 ごみ処理焼却施設完成
4年 (1992年) 農村集落多目的共同利用施設完成 開基80周年記念式典
「健康づくりの町」宣言
5年 (1993年) 丸瀬布デイサービスセンター開設 武利小中学校体育館落成
6年 (1994年) 丸瀬布老人保健福祉計画策定
ふるさと公園が「道の駅」指定
多目的スポーツ施設「TAMOKU」完成
愛媛県久万町と交流事業協定を締結
丸瀬布町観光基本計画策定

(久万町と交流)
7年 (1995年) 丸瀬布町過疎地域活性化計画策定

8年 (1996年) 武利中学校閉校 大規模林業圏開発林道丸瀬布留辺蘂区間開通
第二期丸瀬布町総合計画策定
9年 (1997年) 丸瀬布町昆虫生態館開設 上武利地区を除き携帯電話使用可能
10年 (1998年) 温泉入浴施設「やまびこ」開設 丸瀬布町在宅介護支援センター設置
11年 (1999年) 上武利地区携帯電話使用可能 
丸瀬布営林署が網走西部森林管理署丸瀬布事務所に
大平開拓記念碑除幕式 全国過疎地域活性化優良事例表彰
12年 (2000年) 丸瀬布温泉翠明荘閉業 丸瀬布・白滝農協合併
生涯学習館、木工体験交流館(旧貯木場事務所)オープン
新パークゴルフ場オープン
13年 (2001年) 「マウレ山荘」オープン 網走西部森林管理署丸瀬布事務所廃止
14年 (2002年) 武利小学校を廃止し丸瀬布小学校武利分校に
活性化施設「ふるさと」完成 
16年 (2004年) 武利分校閉校 SL雨宮21号北海道遺産に選定 丸瀬布厚生病院落成
下水道通水式 コミュニティーセンター完成
17年 (2005年) 武利・上丸・南丸自治会隣接自治会と統合 交通事故死ゼロ4000日達成