遠軽町の沿革


 遠軽町生田原町丸瀬布町白滝村の4町村の合併により、平成17年10月1日に新たな「遠軽町」として誕生しました。

平成 (2005年〜現在)
17年 (2005年) 遠軽町開庁式
町長・町議会議員選挙(初代町長・北川健司、議員26人が当選)
えんがる商工会設立
18年 (2006年) 市内局番が1桁から2桁へ
旭野一般廃棄物最終処分場供用開始
社名淵小学校閉校
町有施設アスベスト対策工事
遠軽町文化連盟設立
遠軽町老人クラブ連合会設立
遠軽町行政改革大綱策定
遠軽青年会議所認証50周年 
合併1周年記念「NHKのど自慢」開催
低気圧による大雨災害(72時間降水量過去最高 遠軽地域299mm、生田原地域219mm、丸瀬布地域213mm、白滝地域170mm)
白滝黒曜石遺跡ジオパーク構想推進協議会設立
19年 (2007年) 「助役」の名称を「副町長」に改正・収入役制度を廃止
えんがる町観光協会設立
北大雪スキー場が8年ぶりに再開
旭川紋別自動車道(旧白滝−丸瀬布IC)開通
まちづくり自治基本条例・まちづくり町民参加条例・町民投票条例制定(合併後新たに制定)
1985年以降もっとも遅い積雪を観測(5月20日・1cm)
第1次遠軽町総合計画策定
白滝幼稚園閉園
20年 (2008年) 丸瀬布地域で交通死亡事故ゼロ5000日達成(5569日でストップ)
植芝盛平翁ゆかりの4市町(遠軽町、和歌山県田辺市、茨城県笠間市、京都府綾部市)による友好都市提携
旭川紋別自動車道(奥白滝IC)開通
えんがる温水プール完成
安国小学校開校100周年
遠軽町図書館移転(初日は過去最高の483人に貸出)
21年 (2009年) NHK遠軽デジタル中継局・民放(4社)遠軽デジタル中継局開局
遠軽郁凌高等学校閉校
東小学校望の岡分校・遠軽中学校望の岡分校開校
遠軽町消防団設立
金八トンネル(丸瀬布−紋別市鴻之舞)開通
町長・町議会議員選挙(町長・佐々木修一、議員18人が当選)
NHK生田原テレビ中継局廃局
NHK丸瀬布デジタル中継局・民放(4社)デジタル中継局開局
旭川紋別自動車道(白滝IC−丸瀬布IC)開通
瀬戸瀬小学校開校100周年
丸瀬布線廃止に伴う代替町営バス「遠軽丸瀬布線」運行開始
生田原デジタル放送中継施設設置
22年 (2010年) 生田原小学校開校100周年
遠軽小学校が旧遠軽郁凌高等学校舎へ移転
白滝ジオパークが日本ジオパークに認定
23年 (2011年) 瞰望岩が国の名勝「ピリカノカ」に認定
社名淵デジタル放送中継施設設置
支湧別小学校閉校
遠北線廃止に伴う代替バス「清里線」運行開始
白滝遺跡群出土品が国の重要文化財に指定
埋蔵文化財センターオープン
合併後初の総合防災訓練実施
24年 (2012年)   丸瀬布100年記念事業開会式
湧別原野オホーツク100kmクロスカントリースキー大会復活
白滝ジオパーク交流センターオープン
合気道開祖「植芝盛平翁」白滝入植100年記念行事
白滝地域開基100周年記念式典
森林鉄道蒸気機関車・雨宮21号が準鉄道記念物に指定
遠軽高校ラグビー部が全国高校ラグビー大会で1回戦突破 
25年 (2013年)   遠軽高校野球部が選抜高等学校野球大会に初出場し1回戦突破
町長・町議会議員選挙
佐々木修一町長が2回目、議員17人が当選
遠軽デジタル中継局、丸瀬布デジタル中継局などでTVh開局 
26年 (2014年)   第1回アンジくんのふるさとまつり開催
北海道家庭学校100周年記念式典
白滝水力発電所をNK北海道水力発電鰍ノ無償譲渡
教育委員会庁舎移転
丸瀬布小学校開校100周年
社会福祉法人北光福祉会創立60周年記念式典
白滝ジオパークが再審査を受け、条件付き再認定