工事完成払代金の債権譲渡の取扱い


 遠軽町が発注する建設工事の受注者が、円滑な資金調達等を図るため、遠軽町に対して有する完成工事未収入金債権を金融機関に譲渡する際の取扱いを次のように定めましたので、お知らせします。
    

取扱い概要

 ■対象となる債権
  • 遠軽町が発注する予定価格が130万円を超える遠軽町建設工事執行規則第2条に規定する建設工事で、工事の受注者が有する完成払代金の支払請求権であること。
  • 引き渡しを終えた工事の債権であること。
     
 ■譲渡債権の金額
  • 工事請負代金額から前金払及び部分払等の支払額を控除した額(違約金等相殺すべき債権がある場合は、これを相殺した後の額)の範囲内の額。
      
 ■債権の譲渡先
  • 預金保険法第2条第1項に規定する金融機関
  • 町長が特に認めた機関(上記金融機関が設立した特別目的会社)
       

申請にあたって 

 ■事前連絡
  •  債権譲渡の承諾に係る手続を迅速に進めるため、債権を譲り渡そうとする工事の受注者または債権を譲り受けようとする金融機関から、下記担当宛てに事前連絡をお願いします。
     
 ■提出書類
  •  債権譲渡承諾依頼書1部
     
 ■事務処理フロー

その他

  • 修繕の請負でも一部対象となる場合がありますので、その際はご相談ください。
  • 下請セーフティネット債務保証、または地域建設業経営強化融資制度を利用される方は、一般財団法人建設業振興基金ホームページ(外部リンク)をご覧ください。
      

取扱要領・様式等

 ■取扱要領(PDFファイル:59KB
 ■債権譲渡承諾依頼書(様式第1号)(WORDファイル:21KBPDFファイル:39KB
 ■支払請求書(様式第5号)(WORDファイル:21KBPDFファイル:26KB