税金の控除額計算方法


例 夫婦と子ども2人の世帯

夫の給与収入(年間) 800万円
所得税の税率
※所得税の税率は、所得が多くなるほど高くなります。
20.42%
お住まいの市町村に納める住民税(所得割の年間額) 400,000円


この夫が、遠軽町へ10,000円をふるさと納税した場合・・・
住民税と所得税あわせて
約8,000円が軽減されます。

 ※税の軽減を受けるためには、確定申告が必要です。


計算方法

■住民税の税額控除額の計算
寄附金額10,000円から2,000円(一律)を差し引いた8,000円・・・@

@8,000円×10%(一律)=800円・・・
@8,000円×(90%−所得税の税率20.42%)=5,567円・・・

※Bについては、住民税(所得割)の1割が限度となります。つまり、この例では、住民税(所得割)400,000円の1割である40,000円が限度となります。

A+B=6,367円が翌年度の住民税から税額控除されます。

■所得税の税額軽減額の計算
寄附金額10,000円から2,000円(一律)を差し引いた8,000円・・・@

@8,000円×所得税の税率20.42%1,634円・・・
この1,634円が所得税から軽減されます。

A+B+C=8,001円


参考

2,000円の自己負担で済む寄附金の上限額の求め方(目安)

2,000円(自己負担額) +  住民税(所得割)1割の金額 40,000円
90%−20.42%(所得税の税率)
59,000円(2,000円の自己負担で済む寄附金の上限額)