まちの話題 e−ISMニュース

フォトギャラリーへリンク

今週のe−ISMニュース

 平成30年10月22日(月曜日)更新
■地域に根差した学校として〜遠軽高校定時制の生徒が街頭募金活動
写真:募金活動をする生徒たち  10月18日、町内大型スーパー3店舗で遠軽高校(渋川誠人校長)定時制課程の生徒たちが、赤い羽根共同募金の街頭募金活動を行いました。
 これは、地域に根差した学校としての恩返しと、町民の皆さんとの交流を目的に例年取り組んでいるものです。
 この日は、遠軽町共同募金委員会(藤江昭会長)と連携し、5グループに分かれて募金を呼び掛けると、次々に温かい気持ちが募金箱に寄せられていました。
 また、今年度は併せて交通安全運動も行い、同生徒手づくりのえんていちゃんマスコットとポケットティッシュを配布しながら、安全運転を呼び掛けていました。

過去のe−ISMニュース

 

e−ISMとは

e−ISM(イーイズム)とは、遠軽町(Engaru)、生田原町(Ikutahara)、白滝村(Shirataki)、丸瀬布町(Maruseppu)の頭文字をとったものです。「e」は、エコ(森林、清流と共生するまち)、エンジョイ(心がいきいきとするまち)、イー(住み心地が良いまち)という願いを込め、新しいまちの将来に向けた、私たちのメッセージを表しています。