過去のe−ISMニュース(No.615)

過去のe−ISMニュース

 平成29年8月4日(金曜日)更新
■北海道にラグビーの文化を広めたい〜遠軽高校卒業の日向寺亜依選手が日本代表に選出
写真:日本代表ユニフォームを着た日向寺選手  遠軽高校を卒業し、現在は東京フェニックスラグビークラブに所属する日向寺亜依選手が、女子ラグビーワールドカップ2017アイルランド大会の日本代表に選ばれました。
 遠軽高校3年生の時にラグビーを始めた日向寺選手は、卒業後も社会人チームで厳しい練習に耐え、その努力と身体能力の高さによる実力が評価されて、平成27年には日本代表に選出。当時日本代表が一度も勝利したことがなかったカザフスタン戦で初出場を果たし、チームの勝利に貢献しました。
 しかし、昨年9月に故障していた右肩を手術し、日本代表復帰を目指してリハビリとトレーニングに励んできました。
 そのかいあってこのたび、日本代表に再選出された日向寺選手は「ケガから復帰して、本当に今までのようにプレーできるのか、女子ラグビーワールドカップに間に合うのかどうか不安でしたが、キャプテンを始めサクラフィフティーンのメンバーから戻ってきてほしいとエールを送られ、ここまでやってくることができました。今回は北海道から出場する唯一の選手として、試合で活躍することで北海道にラグビーの文化を広めたい。そのために、特にラインアウトで活躍しチームを引っ張っていきたいです」と、意気込みを話していました。
 なお、女子ラグビーワールドカップ2017アイルランド大会は8月9日から26日まで開催されます。頑張れ!日向寺選手!
■一つ一つ丁寧な筆使いで〜遠軽町図書館で絵画教室
写真:丁寧に色を塗る児童たち  8月2日、遠軽町図書館で小学生を対象とした絵画教室が開催されました。
 これは、普段から図書館を利用する機会を増やしてもらおうと例年行われているもので、この日、午前と午後の2回に分けて行われた教室には、合わせて11人の児童が参加しました。
 教室では、傘や恐竜、パフェなどが描かれた見本の中から好きなものを選び、自分でアレンジしながら画用紙に下書きをしていき、水彩絵の具で色を塗っていきました。
 児童たちは、お気に入りの色を作るのに苦労しながらも、一つ一つ丁寧な筆使いで色鮮やかな作品に仕上げていました。
■取材を体験〜遠軽高校定時制の生徒が遠軽町役場でインターンシップ
写真:取材に挑戦する坂本君  8月2日と3日の2日間、遠軽高校(渋川誠人校長)定時制の生徒が遠軽町役場でインターンシップ(職業体験)を行いました。
 同校の生徒に職業観や勤労観を知ってもらおうと行われたこのインターンシップには、2年生の坂本健太君が役場の企画課で広報の取材やホームページの更新作業などを体験しました。
 このうち、遠軽町図書館での取材体験では、慣れない写真撮影や内容を関係者に聞き取りするなど、この後作成する記事を思い浮かべながら熱心に取り組んでいました。
 取材体験を終えた坂本君は「聞き取りはとても緊張しました。記事の作成は、人に内容が伝わるように書くのが難しかったです」と、話していました。
 なお、本日のe−ISMニュース「遠軽町図書館で絵画教室」は、坂本君が取材体験で作成した記事と撮影した写真を掲載しています。
■長年の感謝の気持ちを込めて〜北見木材ピアノ製造部品贈呈
写真:北見木材株式会社から贈呈品を受け取る佐々木修一町長  7月31日、ピアノの部材を製造している北見木材株式会社(佐藤正則代表取締役社長)が、ヤマハピアノに実際に使用されている響板、鍵盤板、支柱、弦を弾いて音を出すアクションパーツなどの部品を木芸館に贈呈しました。
 これは、同社が所属する丸瀬布林産協同組合が平成2年から今年3月まで木芸館を管理・運営していたことから、これまでの感謝の意味を込めて贈呈されたものです。
 佐藤代表取締役社長は「道の駅に立ち寄った方をはじめ、地元の方々にもまだまだ知られていないピアノの製造工程を、展示することで改めて知っていただきたい」と、贈呈への思いを話していました。
 なお、贈呈を受けた部品の数々については、木芸館の展示スペースに設置されていますので、お越しの際にはぜひピアノの奥深い製造工程をご覧ください。
 平成29年8月3日(木曜日)更新
■業務の中で地域の見守り活動を〜地域における協力に関する協定を締結
写真:協定書に調印した岩崎秀人遠軽大通郵便局長(写真左)、宮谷健司遠軽郵便局長(写真右)と佐々木修一町長  7月31日、町と日本郵便株式会社(遠軽町内8郵便局)が「地域における協力に関する協定」を締結し、協定書への調印式が行われました。
 このたびの協定は、遠軽町内の8郵便局が町内における業務中において、高齢者、障害者、子どもその他の住民等の何らかの異変に気付いた場合、道路の異常を発見した場合、不法投棄が疑われる廃棄物等を発見した場合に、町へ連絡を行う活動について締結されたものです。
 この日、佐々木修一町長と協定書に調印を行った遠軽郵便局の宮谷健司局長は「毎日町内を回っている私たちだからできる活動を町と連携して、この地域に貢献していきたい」と、話していました。
■社名淵の自然と友だちから学ぶ〜夏休みちびっ子リーダー研修会
写真:川の自然に触れる参加者たち  7月29日から31日までの3日間、社名淵地域公民館などで、町教育委員会主催による夏休みちびっ子リーダー研修会が行われました。
 これは、夏休みに入った子どもたちに、集団生活の中で自然体験や創作活動を通じて、人間性豊かなリーダーになってもらおうと毎年行われているものです。
 「社名淵の自然と友だちからいっぱい学ぼう」をテーマに行われた研修会では、カレーライス作りやキャンプファイヤー、酪農体験など、日常生活と異なる環境の中でさまざまな活動を行いました。
 このうち、2日目に社名淵川で行われたフィールドワークでは、草花の観察や川に入ってヤマメやドジョウに触れたりするなど、参加者たちは遊びながら、自然の豊かさを学んでいました。
 平成29年8月2日(水曜日)更新
■全道各地から集まった名車がずらり〜エンガルクラシックカーショー
写真:ずらりと並ぶ名車  7月30日、太陽の丘えんがる公園虹のひろばで、エンガルクラシックカーショーが開催されました。
 この日は、全道各地から集まった昭和の名車などがずらりと並び、夏の日差しの下、きれいに整備された車両が会場を埋め尽くしていました。
 会場には、町内外からたくさんの方々が訪れ、所有者の方と話しながらエンジンルームを眺めたり、お気に入りの車をカメラに収めたりしながら、懐かしの名車に目を輝かせていました。
■正しく行えば効果てきめん!〜正しいラジオ体操・みんなの体操教室
写真:正しい動作を学ぶ参加者  7月29日、総合体育館で遠軽ラジオ体操連盟(岡本一雄会長)の主催による正しいラジオ体操・みんなの体操教室が開催されました。
 この教室は、正しい動作や狙いを学び、より効果的に体操をしてもらおうと例年行われているものです。
 この日は、指導員の資格を持つ会員から、それぞれの体操で気を付けるポイントや体の動かし方など、細かいポイントが説明され、約50人の参加者たちは一つ一つの動作を確認しながら体操をしていました。
 健康づくり推進委員も務める岡本会長は「ラジオ体操をして、検診を受けて健康づくりを広めたい。来年は小学生を対象にした教室も開催したい」と話していました。
 平成29年8月1日(火曜日)更新
■おなじみの物語をひと味違った趣向で〜遠軽町図書館「童話の時間スペシャル」
写真:パネルシアターを楽しむ参加者たち  7月29日、遠軽町図書館で童話の時間スペシャルが開催されました。
 これは、毎週土曜日に同図書館で開催している「童話の時間」をいつもとは違ったバージョンで行うもので、童話の時間ボランティアの皆さんにより年3回開催されています。
 この日は、大型絵本の読み聞かせとエプロンシアター、パネルシアターが披露され、親子連れなど約20人が参加しました。
 このうち、パネルシアター「赤ずきん」では、大きなパネルの上におなじみの登場人物たちが姿を現し、ひと味違った趣向で繰り広げられる物語に、子どもたちは夢中で見入っていました。
 なお、同図書館では、夏休み期間中に「夏休み子ども映画会」を開催します。ぜひ、夏休みの一日を図書館で有意義にお過ごしください。

 ■図書館情報
■皆さんのお力を借りて〜コスモス園草取り作業
写真:丁寧に草を取る皆さん  7月29日、太陽の丘えんがる公園虹のひろばコスモス園で、今年1回目の草取り作業が行われました。
 この日、午前7時から始まった作業には、町内事業所や家族連れなどボランティアの住民約370人の皆さんが、まだ小さいコスモスの株に気を付けながら、丁寧におよそ1時間の作業を行いました。
 なお、この草取り作業は8月12日土曜日にも実施します。皆さんのお力を借りて、多くのお客さんに喜んでいただくため、ご協力をお願いします。
 また、今年のコスモスフェスタは9月10日日曜日に開催します。メインのコスモスコンサートは西郷輝彦さん、May J.さん、こおり健太さんをお迎えするほか、多彩なイベントを実施しますのでお楽しみに!

 ■コスモスフェスタ2017
 平成29年7月31日(月曜日)更新
■大きなスクリーンで楽しむ〜夏休み子ども映画会
写真:大きなスクリーンで映画上映  7月26日と27日、遠軽町図書館で夏休み子ども映画会が行われました。
 これは、夏休み中の子どもたちに、図書館を身近に感じてもらおうと例年開催されているものです。
 初日には、約60人の子どもたちが同館を訪れ、視聴覚室に設置された大きなスクリーンでアニメ映画を楽しんでいました。
 また、同館では8月にも映画会を開催するほか、絵本の読み聞かせや紙芝居などを行う「童話の時間」を開催していますので、お気軽に図書館をご利用ください。
 なお、詳しくは次のページをご覧ください。

 ■図書館情報
■基本動作を丁寧に〜夏休み子ども水泳教室
写真:ビート板を使って練習する児童たち

写真:足の動かし方の指導を受ける児童たち

写真:泳ぎ方の指導を受ける児童
 7月25日から安国水泳プールで、26日からは丸瀬布水泳プールと白滝水泳プールの各地域で、町教育委員会主催による水泳教室が28日まで行われました。
 これは、夏休み期間中の児童たちに水泳の基礎を学んでもらおうと、遠軽水泳協会指導員の指導の下、毎年開催されているものです。
 教室では、低学年と高学年に分かれて指導を受け、ビート板などを使いながら息継ぎの仕方や足の動かし方など、基本動作を一人一人丁寧に教わっていました。
 児童たちは、指導員が泳ぎ方の手本を見せると、真剣なまなざしで正しいフォームを再確認しながら、早く上達しようと何度もプールを往復して、練習に励んでいました。
 (写真は上から安国、丸瀬布、白滝の各教室)