山彦の滝・鹿鳴の滝


山彦の滝

山彦の滝

山彦の滝ライトアップ
 丸瀬布市街から上武利方面に16キロメートルのところにあり、さらに駐車場から200メートルの山道を上ると、高さ28メートルから流れ落ちる滝が姿を現します。裏側に回っても見られることから別名「裏見の滝」とも呼ばれます。
 真東向きでご利益が深いことから成田不動尊が祀られ、毎年7月28日には山彦の滝安全祈願が行われます。

 冬期間は、滝の駐車場の2キロメートル手前に車両通行止めのゲートがかかりますが、車を降りてそこから、スノーシュー(カンジキ)に履き換えて歩いて行くこともできます。
 厳冬期には、滝が1本の柱となって氷結し、自然の造形に心を奪われます。
 1月から3月には「山彦の滝ナイトツアー」や「山彦の滝観察会」を開催しています。


鹿鳴の滝

鹿鳴の滝  滑らかな岩肌をすべるように流れ落ちる滝で、周辺に鹿が多く生息し水を飲みに来ることから、この名前が付けられました。
 山彦の滝から山道を奥に500メートル行くと姿を現します。また道路から別の山道を200メートル上るルートもあります。
 丸瀬布市街から上武利方面に16キロメートル、冬期間は2キロメートル手前に車両通行止めのゲートがかかります。