読んでみませんか?

No.171

 子育てや家事の合い間などの気分転換に読んでみませんか?すべて図書館で所蔵している本です。電話での予約も受け付けています。お気軽にお問合せください。
写真:本表紙 『面倒くさい女たち』 河合 薫

・なぜ、女性政治家は失敗するのか? なぜ、女は相談にきて怒るのか? なぜ、女の会議は長いのか? なぜ、女のほうがしぶといのか? 職場・社会にはびこる「面倒くさい女たち」の実態と発生原因を探り、その解決法を考える。
写真:本表紙 『ちょっと不調を感じたときのスープとドリンク』 石澤 清美

・黒糖チャイ、シナモンくず湯、豚肉と小松菜の和風スープ、黒ゴマとニラのポタージュ…。冷え、疲労感、肩こり、月経痛、むくみ、乾燥など、ちょとした不調を改善する薬膳のスープ&ドリンクレシピを紹介します。
写真:本表紙 『子どもと食べたい作りおきおかず』 中村 美穂

・ママの声から生まれた、作りおき幼児食レシピ集。メインおかず、サブおかずから、一品料理、野菜のおやつまで、料理初心者も手軽に作れて、作り分けせずに子どもから大人まで一緒に食べられるレシピを紹介。
写真:本表紙 『マンガでわかるアンガーコントロールガイド』清水 栄司

・認知行動療法の専門家が、怒りの正体を知り、コントロールし、上手に自分の主張を伝えていく方法を、マンガとともに紹介。ビジネスシーンや、家庭でのやりとりなど、ケーススタディも豊富に収録する。
写真:本表紙 『狭い部屋を楽しむ片づけのルール』 高野 ひかる

・「小さい部屋」は「快適に過ごせる部屋」。すっきりとした暮らしに近づく考え方やアイディアを多数紹介。きれいな部屋を保つためのコツやおすすめ収納グッズ、ペットと暮らすアイディアも掲載。
写真:本表紙 『女性のための「検査」がわかる本』 小橋 隆一郎

・人生の各ステップで女性が経験する体と心の症状、がんと女性に多い病気の検査、さまざまな検査項目とその検査でわかること、異常の場合に疑われる病気などを解説する。気がかり、不安を解決するための自己チェックも収録。
写真:本表紙 『あぶない家計簿』 横山 光昭

・手取り72万なのにカツカツ、「子どものため」で老後貧乏…。世帯年収800万円以上はなぜ破綻する? 実例をもとに、陥りがちな落とし穴を指摘し、家計改善のヒントを紹介する。『NIKKEI STYLE』連載を書籍化。
写真:本表紙 『みんなのストレッチ』 フィジカルトレーナー協会

・運動経験のない人やシニアから、市民ランナー、アスリートまで、誰でも手軽に取り組めるストレッチを、ポイントやNG例とともに、写真でわかりやすく紹介する。動画が見られるQRコード付き。
写真:本表紙 『大人のにほんご事典』 齋藤 孝

・日本人として、社会人として、覚えておきたい言葉を五十音順に厳選。言葉の意味や語源、文学作品の中での使用例を紹介し、その言葉の「大人度を上げる言い回し」を具体例を挙げて説明する。さらにひとつ上の言葉の知識も掲載。
写真:本表紙 『0〜2歳児のあそび図鑑』 波多野 名奈

・一番かわいい時期の子どもの笑顔がたくさん見られる! 0歳〜2歳の年齢別に、その時期の代表的な特徴をマークにして、子どもの成長と発達が実感できるあそびを多数紹介する。手遊び歌の楽譜も掲載。
写真:本表紙 『イラストでわかる子どもの場面緘黙サポートガイド』金原洋治

・場面緘黙は早期からの対応によって改善させることができる。支援計画作成のヒント、コミュニケーションを取るための工夫、授業や学習活動への参加、特別支援学級と通級の活用など、学校でできる改善方法を具体的に紹介する。
写真:本表紙 『かしこい子どもに育つ!「育脳離乳食」』 小山 浩子

・脳の成長時期は、赤ちゃん期から幼児期にピークが訪れます。離乳食は「育脳ごはん」のファーストステップ。かしこい脳を育てるために必要な栄養についての知識と、それらの栄養素を摂れる離乳食レシピを紹介します。