読んでみませんか?

No.159

 子育てや家事の合い間などの気分転換に読んでみませんか?すべて図書館で所蔵している本です。電話での予約も受け付けています。お気軽にお問合せください。
写真:本表紙 『きちんとおいしく作れる漬け物』 舘野 真知子

・梅干しやぬか漬け、らっきょう漬けなどの定番から、季節の味を手軽に楽しめる即席漬けまで。特別な道具がなくても、マンション暮らしでも、手軽に作れる漬け物を紹介する。伝統的な漬け方や現代的なレシピなど129品を収録。
写真:本表紙 『とじ・はぎなし かんたんかわいいベビーのニット』河合 真弓

・0〜24カ月のベビーニット作品集。とじ・はぎ、縁編みをできるだけ無くした、ケープ、ベビードレス、カーディガンなどをかぎ針編み、棒針編みで紹介する。作り方のポイント動画が見られるQRコードつき。
写真:本表紙 『羊毛フェルトでつくるほっこり動物とおうちカフェ』さくだ ゆうこ

・愛嬌いっぱいの動物マスコット、動物をモチーフにしたコースターや、おやつマット…。動物本来の自然で可愛らしい仕草と、リアルにはないやわらかく優しい表情を大切にした作品38点と、そのつくり方を紹介します。
写真:本表紙 『大人暮らしで見直した10のもの』 主婦と生活社

・大人になって自分を見直すことは、年を重ねたからこその楽しみ。堀井和子さん、chizuさんなど暮らしの先輩たちが、今の自分に向き合い、暮らしに取り入れた“10のもの”たちを紹介します。
写真:本表紙 『憎まない』 アスウド・ソバハニ

・日本語を覚えてから30年あまり、毎日「おかげさまで」を言い続けることで人を憎まない生き方ができるようになり…。イランで生まれ、アメリカで起業し、日本で生きることを決意した著者が、幸福になれる人生の習慣を伝える。
写真:本表紙 『成功する子は食べ物が9割』 細川 モモ

・子どもの人生の成功は、食事で決まる。子どもの食事に必要なルールやレシピを紹介するほか、3〜14才の1日に食べたい目安量やメニュー例、「偏食」「小食」などの悩みに答えるQ&Aも収録。書き込み式チェックシート付き。
写真:本表紙 『くらしに役立つ栄養学』 新出 真理

・主食・主菜・副菜を中心とした栄養バランスのとれた食事を毎日とるために知っておきたい、食事バランスのとり方や食品の特徴、栄養素の働き、身体の症状や不調と栄養素の関係などを、わかりやすく解説。図表や写真も多数掲載。
写真:本表紙 『頭のいい子が育つあそび図鑑』 久保田 競

・小さいころはあそべばあそぶほど、前頭前野とワーキングメモリーが鍛えられ、頭のいい子に育ちます。子どもの力を育む、室内・屋外のあそびを紹介します。シール付き。ジャケット裏に「お仕事すごろく」あり。
写真:本表紙 『おとなの着物ことはじめ』 永岡書店

・おとなの着物初心者に向けた入門書。着物や帯の買い方から、着物を着る前の準備、着物でのお出かけ、お手入れと収納まで、カジュアルに着物を楽しむためのノウハウを、豊富なカラーイラストとともに紹介します。
写真:本表紙 『ニッポンのおつきあいとしきたりの心得帖』 岩下 宣子

・贈答やごあいさつ、かしこまった場での礼儀作法や所作…。日々のおつきあいや、冠婚葬祭の行事、年中行事などで知っておきたいマナー、しきたりについて、ていねいに解説。老舗のインタビューも収録する。
写真:本表紙 『うちの子は字が書けない』 千葉 リョウコ

・小学6年生の時「発達性読み書き障害」と判定された長男との二人三脚の日々を描くコミックエッセイ。筑波大学教授・宇野彰と著者の対談形式の解説も収録する。『Web asta*』連載に描き下ろしを加えて書籍化。
写真:本表紙 『にんじん、たまねぎ、じゃがいもレシピ』 山田 英季

・いつでも家にあるにんじん、たまねぎ、じゃがいもを、もっと上手に使いましょう。味つけや切り方、組み合わせなど、ちょっとした調理法のコツで彼らが主役になる、かんたんおいしいレシピを紹介します。